学生の窓口編集部

写真拡大



皆さんの中には奨学金を受けて大学に通っている方もいらっしゃるでしょう。日本学生支援機構の「平成26年度 学生生活調査結果」によれば、国立大学で「49.4%」、公立大学で「56.6%」、私立大学で「51.4%」の人が奨学金を受給しています。では、アメリカでの奨学金事情はどうなっているのでしょうか?


■アメリカの奨学金は多種多様にある!

プロのFPに聞いた! 将来お金持ちになる人とならない人で、学生時代の過ごし方の違いってあるの?

「scholarship(スカラーシップ)」は日本では「奨学金」と訳されますが、現在日本でいう奨学金はほとんどの場合「loan(ローン)」であって、返済義務を要し、低金利となってはいますが、金融機関で借りる住宅ローンと変わりません。アメリカで「scholarship」といえば、普通返済義務はありません。また、継続して支払われるのではない一時金として支給される援助については、一般的に「grant(グラント:給付金)」と呼ばれます。

どこからその奨学金・給付金が提供されるかで、

・federal(連邦政府が提供する奨学金・給付金)
・non federal(連邦政府以外が提供する奨学金・給付金)
・state(各州政府が提供する奨学金・給付金)
・institutional(組織が提供する奨学金・給付金)
・employer aid(雇用者への援助として企業が提供する奨学金・給付金)

⇒データ出典:『The National Center for Education Statistics』

このように分けられますし、また「ニーズベースの支援(Need-based aid)」「メリットベースの支援(Merit-based aid)」という分類がされたりします。ニーズベースというのは、学生の家庭環境・経済状況などを基準に支援されるものです。
メリットベースについては、経済的援助をもたらすことで優秀な学生を集めたいという提供する側のメリット(そして学生にとっては学費が助かるというメリット)もあり、学業の成績(GPA)やスポーツでの活躍などを基準に支援されるものです。

例えば、連邦政府の提供するFAFSA(The Free Application for Federal Student Aid)はニーズベースの最も一般的な支援制度ですし、私立大学の提供する支援制度などはメリットベースのものとされたりします。
他にも、YMCA(キリスト教青年会)が優秀な成績を収め、またリーダーシップなど個人的に優れた資質を持つ学生に奨学金を提供するなどもあり、アメリカでは実に多種多様な奨学金・給付金が用意されているのです。また日本と同じような学資ローンもあります。

ただし、返済義務なしの奨学金・給付金を受けるためには、非常に優秀な成績を収める必要があります。GPAで3.5以上の人のリストのことを「Dean's List」といいますが、そこに掲載されるほど優秀でなければそのような奨学金・給付金を獲得することはできません。そのため、実際にこれらの援助を受けるのは非常に狭き門なのです。

※GPAとはGrade Point Averageの略で、欧米で導入されている成績評価のシステム。各科目がA・B・C・D・Fで評価されます。オールAですと「4.0」になりますから、3.5というのがいかに高いハードルなのかが分かりますね。

■アメリカの大学生の約7割は何らかの支援を受けている!

では、どのくらいの学生が支援を受けているのでしょうか? 『The National Center for Education Statistics』の資料に2011-2012年「学部生の何%が何らかの支援を受けているのか」(Percentage of undergraduates who received any aid and any federal, nonfederal, state, institutional, and employer aid, by type of institution)を調査したデータがあります。

それによりますと、
4年制公立大学(Public 4-year)……73.9%
私立4年制大学(Private nonprofit 4-year)……86.1%
アメリカ合計(US Total)……70.7%

※このUS Totalにはプエルトリコ自治連邦区を含みます(excluding Puerto Rico)。

アメリカの大学は日本よりも授業料が高いといわれ、特に私立名門の総合大学となると年間日本円で500-600万円といった高額な費用が掛かることも珍しくありません。このような大学に通うとなると、やはり何らかの援助がなければ教育費を家庭で負担することは難しいのでしょう。

⇒データ出典:『The National Center for Education Statistics』の「Trends in Undergraduate Nonfederal Grant and Scholarship Aid by Demographic and Enrollment Characteristics」

⇒データ出典:『独立行政法人 日本学生支援機構』の「平成26年度 学生生活調査結果」
(高橋モータース@dcp)