写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アラクサラネットワークスは4月26日、ホワイトリスト方式によるネットワーク・セキュリティ機能を強化する小型アプライアンスの「AX260A」を発表した。出荷開始予定は2016年7月、価格は28万9000円(税別)〜。3年間で約1万台の販売を見込む。

新製品は、ハイエンド・モデルである「AX260A-08TF」および、エントリー・モデルである「AX260A-08T」の2モデル。

ハイエンド・モデルは、オプションの追加によりエントリー数の拡大や各種機能などの追加が可能。一方、エントリー・モデルは基本的な機能を提供し、オプションはないが、ファンレス設計のため工場など粉塵の多い環境への設置が可能という。

また、同社の従来製品と比べ、ホワイトリスト・エントリー数の拡大(ハイエンド・モデル)、ホワイトリスト未登録パケット受信ログ機能、筐体のコンパクト化といった点を強化している。

ホワイトリスト・エントリー数は、従来の480エントリーから最大3万2000エントリーに拡大し、鉄道や電力関係など、データフロー数が多い大規模な社会インフラ・システムへの適用を可能としている。

ホワイトリスト未登録パケット受信ログ機能では、ホワイトリストに登録していないパケットを受信した場合に生成されるログ(履歴)の最大数を、従来の512件から2000件に拡張した。

さらに、筐体のコンパクト化は、ポート数を10ポートに減らし実現。セキュリティ強化の目的に限っても導入しやすいほか、ホワイトリスト生成時の設定条件を追加したことで、柔軟なホワイトリスト生成が可能になったという。

なお、基本機能としてL2スイッチ機能を提供すると同時に、ネットワーク機能をライセンスオプションとして搭載が可能。今後、各種セキュリティ機能やトラフィック制御機能などを順次リリースする予定だ。

(山本善之介)