狂犬病ワクチンを接種している登録犬は71%(shutterstock.com)

写真拡大

 犬を飼っている人にとって、春は狂犬病ワクチン注射の季節。愛犬家の皆さんは、もう予防接種を済ませただろうか?

 この時期に、動物病院や臨時会場で、愛犬に狂犬病ワクチンを注射させるのは、すべての飼い主に義務づけられる毎年の恒例行事だ。実際、約20年前の平成5年までは、全国の99%の犬(登録犬)が予防接種を受けていた。

 しかし、ここにきて異変が起きている。平成26年には、なんと71%の犬しかワクチン接種していないのだ。しかもこれは、狂犬病予防法にのっとって登録された犬の割合。自治体に届け出をしないまま飼育されている未登録の犬が、全国に300〜400万頭以上いると推測される。

 実数としては、日本国内の半数以上の犬が、狂犬病予防をしていないと思われる。

 「狂犬病? 昔の病気でしょ」「もう日本にはないでしょ?」「犬の病気でしょ?」と思う人は少なくないだろう。また、「愛犬の体に負担(副作用など)をかけたくない」「終日家の中で過ごし、ほとんど外へ出ないから必要ない」と言ってはばからない飼い主もいる。

 これは専門家から見たら、大変恐ろしい事態である。日本では撲滅し、今や廃れたと思われがちな狂犬病だが、実はそう遠い存在ではない。

年間5万人以上が狂犬病で死亡

 そもそも狂犬病は、犬特有の病気ではない。れっきとした人畜共通感染症で、犬以外の動物、もちろん人間にもうつる。平成18年にフィリピンで犬に咬まれて狂犬病に感染し、日本帰国後に発病・死亡した男性2名のケース(輸入感染)は、専門家にとっては記憶に新しいところだ。

 また、狂犬病が国内で発生していないのは、日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデンなど、世界のわずか10数カ国のみ。多くの国では、狂犬病が今も健在だ。

 実に、世界全体で年間5万人以上が狂犬病で命を落としているとされる。

 主な感染源となる犬の予防対策を怠ったら、いつ何時、日本でも狂犬病が復活するかわからないのだ。
狂犬病を発病したら死亡率はほぼ100%

 この病気の恐ろしいところは、ひとたび発症したら最新医療をもってしても治療方法がないこと。死亡率はほぼ100%だ。

 罹患したら急性脳炎を起こし、光をまぶしがったり、水を怖がる恐水症、風を避けたがる恐風症、不安感、けいれん、麻痺などを伴う苦痛のなかで死んでいく。人間の場合はそれほど強烈でない「麻痺型」の症状もあるが、最後に死に至るのは同じだ。

 こうした症状は犬も人も同じだが、日本では昭和31年を最後に、60年近く国内感染の例がなく、専門家でもまず目の当たりにする機会がない。

 かの有名なホラー小説家のスティーブン・キングは、小説『クージョ(Cujo)』で、この狂犬病の恐ろしさをスリリングに描いている。原作とは一部異なるが、1983年にはアメリカで映画化もされている。

 『クジョー(Cujo)』は、森の中でコウモリに咬まれて狂犬病を発症したセント・バーナードが飼い主を咬み殺し、居合わせた母子を執拗に襲うというストーリーだ。ホラーメイキングされているだけに、手に汗握るドラマティックな映像だ。

 映画『黄色い老犬(Old Yeller)』(1957年・アメリカ)のほうが現実に近いかもしれない。一人の少年を通して、長年連れ添った優しい愛犬の狂犬病で変わり果てた姿に対する悲哀が、切なく描かれている。最後に少年の手で凶暴化した愛犬を射殺するシーンは、愛犬家にはたまらない悲劇だ。

 人間の場合、たとえ感染しても早期に適切な暴露後予防接種を受ければ、発症と死を防ぐことができる。しかし、犬をはじめ動物たちは現状では難しい。

 日本国内で悲劇を生まないためには、犬たちに狂犬病ワクチン接種を受けさせて、予防対策をすることに尽きるのだ。
(文=編集部)