26日、韓国の脱北女性団体「ニューコリア女性連合」がソウル市内で集会を開き、北朝鮮の女性兵士が置かれている過酷な実態について証言した。写真は北朝鮮軍兵士。

写真拡大

2016年4月26日、韓国の脱北女性団体「ニューコリア女性連合」がソウル市内で集会を開き、北朝鮮の女性兵士が置かれている過酷な実態について証言した。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

北朝鮮陸軍の看護師をしていたというある脱北女性は、上司であった看護長が毎日のように軍幹部から性的暴行を受けるのを目にしたと証言した。看護長がこれを党に告発したものの、幹部は処罰を受けず、逆に看護長自身が不名誉な除隊に当たる「生活除隊」をさせられたという。

またこの女性は、住民よりも軍人は豊かな生活をしていると一般に認識されているのとは異なり、「軍人もジャガイモやサツマイモで命をつなぐなど、空腹にあえいでいる」とした。軍人という身分でも、高速道路やスキー場建設、炭鉱での労働に駆り出されていたという。

同連合のイ・ソヨン代表は、北朝鮮軍の創建記念日である4月25日について発言、「北朝鮮のすべての若者に10年間の軍服務が強要されることになった呪いの日」と批判した。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「悲しい。同じ民族なのに、金(キム)一族のせいで」
「韓国の弁護士団体を送れば全部解決」
「北朝鮮で人権なんていう物を見つけるのは不可能だね」
「兵役が10年か。韓国では2年でもつらいという話になってるけど」

「こういうニュースが出ると、証拠はどこにあると騒ぐ従北勢力が必ずしゃしゃり出てくる」
「金正恩(キム・ジョンウン)と金氏王朝は韓民族の恥だ」
「北朝鮮は女性だけでなく人間のすべての権利が奪われた地獄だ」

「北朝鮮という歴史上後にも先にもない奇怪な国が数十年も維持されてきたのはなぜなんだろう?」
「韓国だってそう変わらない。やはり同じ民族だとこういう所まで同じなのか。韓国軍兵士が女性兵士にセクハラや性的暴行を働いたって、これといった処罰は受けないよ」(翻訳・編集/吉金)