26日、韓国のノリ養殖業者が有害化学物質である工業用塩酸を違法に使用し、摘発される例が相次いでいる。資料写真。

写真拡大

2016年4月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のノリ養殖業者が有害化学物質である工業用塩酸を違法に使用し、摘発される例が相次いでいる。

釜山では、今年1月から2カ月にわたり工業用塩酸3600リットルを養殖場で無断使用した疑いで、ノリ養殖業者ら4人が書類送検された。ノリの異物を除去する過程で、専門業者から購入した塩酸を使用していたとみられる。

しかしこれは決して珍しい例ではない。韓国南西の港町・木浦では、やはり工業用塩酸をノリ養殖に使用した疑いで業者ら8人が検挙されたことが25日に明らかになったばかり。ノリ養殖業者の間にはもはや前科のない人間はいないとまで言われるほどだ。

問題は、過去に金属の洗浄に使われ残った廃塩酸がノリ養殖に使用されたことを受け、政府が1994年に塩酸を有害化学物質に指定、使用を禁止したことに始まる。しかし、代わりに政府が使用を推奨した溶剤では作業効率が格段に落ちるため、養殖業者らの多くは規制後にも工業用塩酸を海水で希釈し、こっそりと使い続けているのだ。業者の一部からは作業の非効率性を理由に工業用塩酸の使用を認めるよう求める声が出ているが、国立水産科学院の関係者は「今のところこれといった解決策はない」としている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「食べ物でふざけるのはやめてくれ」
「キムパプ(韓国ののり巻き)も味付けのりも食べるのをやめよう」
「数少ないのり輸出国なのに、これでは赤っ恥だよ」
「塩酸を使っていないのりは、そのように表示する決まりにすればいい」

「政府はのりを食べないようにと発表すべきだ」
「のりを食べちゃ駄目ってこと?うちの子たちはのりが大好きで、毎食、のりでごはんを巻いて食べてるくらいなのに」
「『工業用』の物をノリの処理に使えるように堂々と要求するって…狂ってる」

「食べてあげてる人のことは考えないんだね」
「のりの不買運動をしないと、業者は目を覚まさないだろう」
「自分たちが食べずに売るのりにだけ塩酸を使ってるんだろう」
「食べないのが一番だね。目の前の利益を追うだけで後のことを考えないのかな?海水が汚染されるのに、どうするつもりだ?」(翻訳・編集/吉金)