GWのお台場がハワイになる10日間!「お台場ハワイ・フェスティバル 2016」開催

写真拡大

昨年は8日間で約40万人の来場者を記録した、GW最大のハワイアンイベント「お台場ハワイ・フェスティバル」がまもなく開催。14年目を迎える今年は、期間を4月29日(金・祝)から5月8日(日)までの10日間に延長し、さらにスケールアップ。ハワイ語で“家族”を意味する「OHANA」をテーマに、会場となるヴィーナスフォートやMEGA WEBがハワイ一色に染まる。

最大の見どころは、本格的なハワイアン・ミュージックパフォーマンスやフラ&タヒチアンダンスショー、ハワイゆかりの豪華ゲストによるスペシャルステージなど、多彩なエンターテインメントプログラムの数々。なかでも「ポリネシア・カルチャー・センター」のダンサーたちによるショーは、本場ハワイの風を全身で感じられると毎年大好評なのだとか。

さらに期間中は、ワイキキ発の人気ローカルブランド「HiLife」をはじめ、日本初上陸アイテムが見つかるハワイアンマーケットや、王道から最新のハワイアンフードまで楽しめるフードマーケットも登場。レイメイキングやウクレレなどを学べるワークショップもあり、憧れのハワイ文化に触れることができるのも嬉しい。観て、買って、味わって。今年のGWは、お台場でリアルなハワイを体感しよう!
◆実力派アーティストによるハワイアンミュージック&ダンス


オアフ島「ポリネシア・カルチャー・センター」からやってきたダンサー&ミュージシャンによるポリネシアン・ショーを、今年も5月3日(火・祝)〜7日(土)に開催。タヒチアン、フラ、ポリネシアの音楽とダンスに加え、ナイトショーでのファイヤーナイフ・パフォーマンスは圧巻のひと言! ほかにも平井 大やショーン・ナウアオなど、国内外の実力派アーティストが続々と登場予定。出演者と来場者が一体となって作り上げるハートフルなステージは、GWのとっておきの思い出になるはず。

◆王道から日本初登場まで。本場の味が揃うフードマーケット


人気のハワイアンレストラン「Aloha Table」のキッチンカーが今年も登場! 数あるメニューの中でも、ヘルシーなアサイーボウルや自家製レモネード、ワイキキ本店のスタイルで日本初登場するプレミアム・ロコモコがおすすめ。また行列のできる店として知られる「Blue Water Shrimp」のガーリックシュリンプや「FLAPPER」のボリュームたっぷりのモチコチキンなど、王道メニューももちろんラインアップ。「ハワイアンスイーツカンパニー」のポイ(タロ芋)食パンなど、お持ち帰りグルメも充実しているので、自宅でも気軽にハワイの味を楽しんで。