25日、第14回北京国際モーターショーが順義区(天竺)の新国際展示場と静安荘の旧展示場で正式に幕を開けた。

写真拡大

2016年4月25日、第14回北京国際モーターショーが順義区(天竺)の新国際展示場と静安荘の旧展示場で正式に幕を開けた。中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

今年のテーマを「イノベーション、チェンジ」とした北京国際モーターショーは従来に比べて若干規模を縮小し、2014年の23万平方メートルから22万平行メートルに縮めたが、展示されている車の数は依然して目を見張るものがある。全世界14の国と地域から1600社余りが出展している。

全車両1179台のうち、ワールドプレミア車は112台。うち多国籍企業のワールドプレミア車が33台、多国籍企業のアジアプレミア車が21台、コンセプトカーが46台、新エネルギー車が147台だった。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)