神戸市の橋桁落下 作業員2人はほぼ即死状態だったと判明

ざっくり言うと

  • 神戸市の高速道路の工事現場で橋桁が落下し、作業員10人が死傷した事故
  • 死亡した2人の司法解剖の結果、即死状態だったとみられることが分かった
  • 1人は左脚の切断などによる失血死、もう1人は脳挫滅で死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング