25日、環球時報によると、中国の南シナ海での領有権主張をめぐってフィリピンが仲裁裁判を申し立てた問題に対し、西アフリカのガンビア政府は中国の立場を支持する考えを示した。写真はガンビア。

写真拡大

2016年4月25日、環球時報によると、中国の南シナ海での領有権主張をめぐってフィリピンが仲裁裁判を申し立てた問題に対し、西アフリカのガンビア政府は中国の立場を支持する考えを示した。

ガンビア政府はこのほど出した声明で、フィリピンの一方的な要求は受け入れられないとする中国政府の立場を支持する考えを表明。「中国が南シナ海の諸島およびその近海に争いようのない主権を持つ事実」を認識するとの立場を取るとしている。

ガンビアは先月17日に中国との国交を回復したばかり。同国のマクドゥアルゲイ外相は当時の記者会見で台湾問題に関し、中国と台湾の「平和的統一」を支持するとも述べている。(翻訳・編集/野谷)