そのアプリは、わたしが欲情する日をなぜか教えてくれる

写真拡大

デジタル時代のセックスのあり方にまつわるいくつかのストーリーを『WIRED』日本版VOL.21より転載。生理周期を教えてくれるアプリは数々あって、それらは確かに「機能的」だ。ただ、そのアプリが期待通りに役立つかはまた別の話、ということもあるようだ。

「そのアプリは、わたしが欲情する日をなぜか教えてくれる」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

VOL.21特集「Sex in The Digital Age」より転載

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集から、話題のコンテンツを順次公開! 「セックスとテック」にまつわる7つの“投書”から、オキュラス・リフトがポルノにもたらすものや、セックスのない愛まで。関連記事は、こちらより。

わたしは妊娠したいと思うまで、月経周期を記録したことがなかった。セックスに熱心な若いころは、ちゃんと避妊しているのだから生理がくるのは当然だ、くらいにしか考えていなかった。そして生理は毎月ちゃんとやってきた。

しかし、夫との子どもがほしいと考えるようになると、そう無頓着でもいられない。突然、生理と生理の間の日数が重要な意味をもつようになった。つまり、月経周期を正確に把握できていれば、いつ排卵が起こるかがわかり、その情報に基づいて妊娠を計画できる、というわけだ。

まずは、iPhoneに『Period Tracker Lite』というアプリを入れてみることにした。

アイコンには親しみやすいピンクの花が描かれている。このアプリは月経周期だけでなく、月ごとの自分のさまざまな症状や気分も記録できる。生理痛がひどい日は、とげとげしい星のマークでそれを記録しておこう。「困惑」したり「不安」を感じたりすれば、それに対応する顔のマークをつけておく。

わたしはこのアプリが排卵日を知る助けになるとは思っていたが、まさか自分が毎月の生理前にとても(このアプリの婉曲的な表現を借りれば)「浮ついた」気分──つまりは貪欲で、狂おしいほどにムラムラした状態──になっていることを発見するとは思いもしなかった。

しかし、これは生物学的目的のためではない。なぜかといえば、女性は生理が始まるだいたい2週間前に排卵するものであり、このムラムラする期間に排卵は起こってないからだ。

実際のところ、(アプリが教えてくれる)月経周期の情報は、心の痛みを和らげる鎮痛剤のようなものだ。この時期にムラムラするのは、Huluで懐かしのドラマ「NewsRadio」のデイヴ・フォーリーを観て興奮するのとはわけが違っていて、ホルモンが発する声だ。月経周期がわかるからといってセックスライフが劇的に変わるようなことはないが、わたしにちょっとロマンティックな気分になる期間があるからといって、そのことに夫が不平を言うわけもない。

何はともあれ、生理前のセックス三昧の期間があれば、生理中の不快さも我慢できる。少なくとも、生理痛は真剣なお楽しみのあとにやってくるのだから。

INFORMATION