愛する彼の浮気を、Fitbitが教えてくれた

写真拡大

デジタル時代のセックスのあり方にまつわるいくつかのストーリーを『WIRED』日本版VOL.21より転載。知りたくもないパートナーの隠しごとを、テクノロジーはときに白日の下にさらしてしまう。ある女性が教えてくれたのは、アクティヴィティトラッカーがログとして残した、恋の辛みについての体験談だった。

「愛する彼の浮気を、Fitbitが教えてくれた」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

VOL.21特集「Sex in The Digital Age」より転載

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集から、話題のコンテンツを順次公開! 「セックスとテック」にまつわる7つの“投書”から、オキュラス・リフトがポルノにもたらすものや、セックスのない愛まで。関連記事は、こちらより。

テッド(仮名)とわたしはいつも笑っていた。彼の胸の上に体を預け、唇、ひざ、手のひら、足の親指など、可能な限り裸の肌同士を密着させたときも、わたしたちは笑っていた。

3日間ベッドの中でティラミスを食べ続けたのちに、2人でマンハッタンのトライベッカからアッパーイーストサイドまで歩いた。その歩行ログをFitbitに記録したつもりだったのだが、彼がFitbitを着け忘れていたことが判明した。そんなときも、わたしたちは笑い合った。

クリスマスに、テッドの母親は子どもたちにFitbitと、Fitbit対応の体重計をプレゼントした。

わたしはテッドの体重計を2人で使えるように設定した。彼が体重計に乗ると、体重計はその体重(約75kg)からテッドだと認識して、データを彼のFitbitプロフィールに送る。わたしが体重計に乗れば、61kgという数値からわたしであることを認識する。それぞれのデータは、同じ体重計を使う別の人に知られることはない。

しかし、まったく笑えない事態になった。

わたしたちはこれまで2度ほど別れ、そのたびにヨリを戻していた。だがお酒も入って言い争いをしたあと、わたしはつい「もうおしまいよ」と彼にメールしてしまったのだ。翌朝目が覚めて、彼からどんな返事が来ているか気になった。しかし返事はなかった。

わたしは2時間ほど待ってみることにした。彼は電話してくるだろう。わたしは天井を見つめながら横になっていた。だが4時間経っても何の音沙汰もなかった。こちらから連絡をとるつもりはない。謝るべきは彼なのだ。もう1時間だけ、猶予を与えることにした。

彼からのメールが来ないので、わたしはレンタルヴィデオを借りに行った(2度も)。そのあとはアパートで過ごすことにした。出前を取り、映画を観ながらスマホをチェックし、彼からの連絡を待った。

午後10時を回ったころ、わたしはテレビを消して机に向かい、ノートパソコンを開いた。いつものサイトを見て回る。聞いたこともない有名人の写真を『Daily Mail』で眺め、まだつくったことがないコブラー(フルーツを使ったパイ)の写真を『Food52』でチェックする。そして、ゴールを設定してから放置したままのFitbitのサイトを見てみる。

わたしのプロフィールページには、午後9時に57.4kgの体重が記録されていた。あれ? 昨日はたしか61.9kgあったはずだ。それに、体重計に乗ったのは昨日の朝9時ごろだったのに、なぜ「今日の午後9時」? ほんの1時間前だ。正しく同期されていないのだろうか。

だが不意に、テッドの寝室で裸で体重計に乗る、体重57.4kgの女の後ろ姿が脳裏に浮かんだ。そしてわたしは悟ったのだ。彼はメールも電話もよこす気はなく、謝るつもりもないのだということを。

fitbit_flat_KO

INFORMATION