25日、中国が南シナ海・中沙諸島のスカボロー礁で埋め立て工事を始めるとの報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月25日、AFP通信は香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストを引用し、中国が南シナ海・中沙諸島のスカボロー礁で埋め立て工事を始めると報じた。

スカボロー礁は中国とフィリピン、台湾が領有権を主張しているが、現在は中国が実効支配している。サウスチャイナ・モーニング・ポストは25日、中国人民解放軍に近い筋の話として、中国が年内に埋め立て工事を始めると報じた。また、滑走路を設置する計画もあると伝えている。中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例会見で、報道については承知していないと述べたが、当該の地域は中国固有の領土であると主張した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「権力と富へに対する貪欲な姿勢だ」

「中国は自分たちを国際社会の物笑いの種にしている」

「中国は何も分かっていない」

「中国はアジアの国々から領土を奪おうとしている。そんなことはやめさせるべきだ」

「銃撃戦を行うべきだ」

「世界は中国の覇権主義に断固として立ち向かわなければいけない」(翻訳・編集/蘆田)