聴覚と他の感覚が重なる先に、更なる快感はある:「Sound & City」で体感できるPlayStationVR + 「Rez Infinite - Synesthesia Suit」が切り開く音の地平線

写真拡大

有名アーティストによる音楽、美しいグラフィックの変化と、体に伝わる振動。それらが渾然一体となったとき、あなたはいままでに体感したことがない快感にたどり着くだろう…。「Sound & City」で4月28・29日に体験できる「Rez Infinite - Synesthesia Suit」は、聴覚を凌駕する「共感覚」体験をもたらしてくれるゲームだ。【イヴェントは終了しました】

「聴覚と他の感覚が重なる先に、更なる快感はある:「Sound & City」で体感できるPlayStationVR + 「Rez Infinite - Synesthesia Suit」が切り開く音の地平線」の写真・リンク付きの記事はこちら

『Rez』というゲームがある。いまから15年以上前にセガから発売された「ミッドナイトハイ・シューティング」と銘打たれた作品である。3D空間のなかで、敵をロックオンして打つ。基本的な作業としてはただそれだけのシンプルなゲームなのだが、発売された当初から熱狂的なファンが多く、いまでもプレイされている。

その訳は、音楽と光、色彩、振動が融合したまったく新しい「共感覚(Synesthesia)」という体験にある。

作中の音楽を手がけたのは、グラミー賞ノミネートされたこともある音楽プロデューサー・DJのアダム・フリーランド、世界で「テクノゴッド」と敬愛されるKEN ISHII、電子音楽に「グリッチ」という新しいジャンルを切り開いたドイツのOvalなど。

敵を倒すことでそうそうたる面々がつくり出した音楽を奏でられる快感、そして同時に進行する美しいグラフィックの変化と、コントローラーの振動。それらが渾然一体となって、体験を演出してくれるのだ。

当時、シューティングゲームは複雑さを極め難易度の高さを競い合い、マニアにのみ喜ばれる作品が生まれるタコツボ化した状況にあった。そんななか、『Rez』は当時のゲーム機のスペックを活用し、新しいゲーム体験を生み出した。発売時に掲載された広告にある「The Shooting Game Reinvented」というコピーからも、ゲームデザイナー水口哲也の意気込みを伺い知れる。

PlayStation Experience 2015で披露された「Rez Infinite - Synesthesia Suit」。プレゼンテーションの最後にVRゴーグルを取って現われたのは、意外な人物だった。

そんなゲーム史において独自のアプローチで快感を追求した今作が、『Rez Infinite』として「Reborn」を遂げることが昨年のPlayStation Experience 2015で明らかになった。そして、それが最新のVRシステム「PlayStation®VR」上での復活だとわかったとき、膝を打ったファンも多いだろう。『Rez』における快感は、映像と音楽がプレイヤー自らを媒介にミックスされることでもたらされる。それをVRというイマーシヴな環境でプレイできれば、その聴覚と視覚を横断した「共感覚」的悦楽が、飛躍的に増加することは想像に難くないからだ。

PlayStation Experience 2015の壇上で水口が披露したのは『Rez Infinite』だけではなかった。発表された首から下の全身を覆うような銀色のスーツは「Synesthesia Suit」と呼ばれ、いままでのコントローラーとは比較にならないレヴェルで触覚に訴えることを可能にしたのだ。

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で触覚を専門に研究する南澤孝太が開発に協力し、ライゾマティクスが制作を手がけたこのスーツは、弦楽器や太鼓の音色を異なる振動で伝えわけ、さらには表面のLEDがシンクロするように輝く。

この「共感覚」という名が冠され、『Rez Infinite』のために開発された身にまとうデヴァイスは、VRという体験そのものを一歩先のレヴェルまで進化させるだけでなく、「音」の体験もまた新しくしてくれるだろう。自らがプレイするゲームとシンクロした音楽が、全身を貫く。2016年に可能な限り、すべての感覚が最大限に巻き込まれる「共感覚」的な快感が、そこにはある。

160321_MAT_075

ゲームとシンクロして動くLEDで装飾された「Synesthesia Suit」は、プレイヤーだけでなく見ている人も楽しめる。PHOTO PRODUCER: YUSUKE NOMIYAMA(amana)、PHOTOGRAPHER: ATSUHIRO SHIRAHATA(un)、RETOUCHER: AKIRA TAKEUCHI(un)

そんな「Rez Infinite - Synesthesia Suit」を4月28日(木)、29日(金)にアークヒルズで開催される「Sound & CIty」で体感できる。一般に開かれた機会としては何と世界で2番目で、もちろん現在開発中のPlayStation®VRも体験することができる。VR、AR時代のエンターテインメントの悦楽を、いちはやく感じて欲しい。

「Sound & City」ではほかにも、サウンドデザイナーの森永泰弘がつくった音楽を聴きながら、Honda Uni-Cubに乗ることができる「Trading Garden(森永泰弘 + Honda Uni-Cub)」などが設置される。聴覚から感じられる未来を存分に味わえる、またとない機会になるはずだ。

Rez Infinite - Synesthesia Suit
水口哲也 + ライゾマティクス・アーキテクチャー + 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科

日時:4月28日(木)〜29日(金・祝)
場所WIRED Lab.
料金無料終了しました

異才ゲームクリエイター水口哲也が2001年に世に問うた「Rez」が今年PlayStation®VR用タイトル「Rez Infinite」として蘇る。さらに水口は、プレイヤーの五感を共振させることをテーマに、サウンドに合わせてインタラクティヴに反応するボディスーツ「シネスタジア・スーツ」を開発した。ゲームは視覚・聴覚から触覚まで作用する「共感覚」エンターテインメントとなる。Sound & Cityで、その未知なる体験を一度味わってみよう。

※ 注意事項
体験いただくには、事前に配布する整理券が必要です。/整理券配布開始時刻:11:00〜 (定員になり次第配布終了)/体験時間:1人約15分/体験にはPlayStation®VRを使用します。12歳以上の方対象です。/乗り物酔いしやすい体質の方は、体験をお控えください。

“Synesthesia Suit”
Creative Direction: Tetsuya Mizuguchi (Resonair), Seiichi Saito (Rhizomatiks)
Produce & Planning: Ayahiko Sato (Rhizomatiks)
Technical Direction & Development: Tomoaki Yanagisawa (Rhizomatiks)
LED Suit Design & Development: Tomoaki Yanagisawa (Rhizomatiks), Toshihiko Sakurai (SQUNABICONA)
LED Suit Device & Programming: Hideaki Tai (Rhizomatiks)
LED Suit System / Lighting Pattern Development: 2bit (buffer Renaiss)
LED Suit Device Development Support: Toshitaka Mochizuki (Rhizomatiks)
Haptic Suit Development: Kouta Minamizawa, Nobuhisa Hanamitsu, Yukari Konishi (Keio Media Design / JST ACCEL Embodied Media Project)
Haptic Suit Design: Toshihiko Sakurai (SQUNABICONA)
Audio System: Shintaro Kamijo (Rhizomatiks)
Suit Development Support: Takahito Hosono (Rhizomatiks)

“Rez Infinite”
Creative Direction: Tetsuya Mizuguchi
Technical Direction: Osamu Kodera (Monstars)
Development: Monstars + Resonair
Original Development: United Game Artists
©Enhance Games 2016, SEGA 2001

PlayStation®VR” Support: Sony Interactive Entertainment Inc.

INFORMATION

2016/4/28・29開催:「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、2016年4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。イヴェントの内容および当日の盛り上がりをお伝えするレポートについては、こちらより