気になるお隣の「夫婦のお風呂事情」一緒に入るのはなんと4割超え!

写真拡大

4月22日は“よい夫婦の日”、そして4月26日は“よい風呂の日”だそうです。あなたは、夫と自分を“よい夫婦”だと思いますか?

夫婦仲のよさは2人のスキンシップで測れる部分もありますが、子どもがいる前で夫婦がイチャイチャするのはちょっと気まずく感じますよね? でも、子どもが寝てから、夫婦で一緒にお風呂に入るという夫婦も中にはいるかもしれません。

では、巷の夫婦の“お風呂事情”とは一体どんなものでしょうか……?

そこで今回は、妊活サプリを展開するゲンナイ製薬が20歳以上の既婚男女1,000人を対象に実施した「夫婦仲と夫婦風呂に関する調査」の結果をご紹介しましょう!

 

■夫婦の4割が“一緒にお風呂に入る”

まず最初に「どのくらいの頻度で夫婦で一緒にお風呂に入っているか」尋ねました。すると一番多い回答は「一緒に入ることはない」(58.8%)! やっぱり「お風呂くらい1人で入りたい」という夫婦は多そうですね。

逆に「夫婦風呂をすることがある」というカップルは41.2%。頻度は「ほぼ毎日」から「月に1回以下」までまちまちですが、4割というのは意外と多い数字です!

「一緒にお風呂に入る」という行為はかなり親密。ということは、夫婦風呂派は円満度が高い気がしますが、どうなのでしょうか?

「夫婦の円満度に点数をつけるとしたら何点になるか」と尋ねると、「夫婦風呂あり層」の平均点は77.4点。一方、「夫婦風呂なし層」の平均点は59.2点という結果となり、夫婦で一緒にお風呂に入っているカップルの円満度が断トツで高い結果となりました!

さて、お宅ではいかがでしょうか? たまには一緒にお風呂に入って夫の背中でも流してあげると、夫婦円満度がグーンとアップするかもしれませんよ!

 

■一緒にお風呂に入りたくない理由とは

一方で、「ゲッ……一緒にお風呂になんて絶対にイヤ」と呟く妻たちも多いのではないでしょうか? では、一緒にお風呂に入りたくない理由とは、一体何でしょうか?

「夫婦で一緒にお風呂に入りたいと思わないのはなぜか」と尋ねると、

1位・・・ひとりでゆっくり入りたいから(65.4%)

2位・・・お風呂が狭く感じるから(30.7%)

3位・・・恥ずかしいから(12.0%)

という結果に。ちなみに、4位は「体型が気になるから」(11.6%)、5位「好みの湯船の温度が違うから」(10.6%)でした。また、「ムダ毛の処理を見られたくないから」という女性も6.9%!

1位の「ひとりでゆっくり入りたいから」というのは女性が70.6%、男性が57.6%と、妻のほうが圧倒的に多く「お風呂くらい1人にして!」と思っていることがわかりました。

 

■男女で異なる“夫婦風呂のメリット”

では、夫婦が思う「夫婦風呂のメリット」とは一体何でしょうか? 夫婦風呂をする人、またはしたいと思う人492 名に対し「夫婦で一緒にお風呂に入ることの良さとはどのようなことだと思うか」と尋ねると、

1位・・・スキンシップが取れる(45.5%)

2位・・・夫婦の会話が楽しめる(44.5%)

3位・・・夫婦間の愛情が深まる(31.9%)

という結果になりました! しかしこの回答は男女を合わせた全体のもの。ここで女性の回答に大きな落とし穴が……!

なんと女性の答え2位は「電気・ガス・水道代の節約になる」(44.2%)という現実的なものだったことが判明したのです。一方、同じ回答をしている男性はたったの18.0%!

男性の多くは「スキンシップが取れる」(50.5%)と、単純に妻と触れ合えることをウホウホ喜んでいるのに、妻の頭の中には「やったー、これで家計が節約できる!」という思いが頭をよぎっていたのです!

 

■夫婦円満の秘訣3つ

仕事や子育てで、なかなか1人になる時間のない女性たちの中には、「お風呂くらい1人で入らせてよ〜」と思う人も多いことでしょう。

でも、「一緒にお風呂に入りたくないけど、夫婦仲を円満に保ちたい」というあなたのために、『WooRis』の過去記事「“夫婦円満”の意外な秘訣3つを結婚カウンセラーがズバリ指摘」を参考に、夫婦円満な状態にとって大事な要素をご紹介しましょう!

(1)相性

円満な夫婦生活で一番大事なのは“相性”だそうです。「理由はわからないけどウマが合う」的な感覚にプラスして、お互いに対する情熱があることがカギだそうです。これがないと、結婚を長く幸せに続けるのは難しいとか。

(2)バランス

夫婦は、太陽と月のように、別々の役目を果たしながらお互いを必要とし、サポートしあう存在であることが重要だそうです。

(3)双方の努力

夫婦仲を円満に保つためには、お互いの“努力”が必要です。 最初はラブラブで一緒にいるだけで幸せでも、努力しなければ関係は枯れていきます。そして、1人だけが努力してもダメ。

一緒にお風呂に入ることや、2人で待ち合わせてデートをすること、家事・育児を分担してお互いの負担を減らすこと……なども努力として考えられそうですね。

 

以上、夫婦風呂に関する調査結果と、夫婦円満の秘訣をご紹介しましたが、いかがでしょうか? 一緒にお風呂に入る夫婦は円満度が高いようですが、夫婦仲を円満に保つための方法は決してそれだけではありません!

「他に何かいい方法はないかしら?」と思った方は、過去記事「レス夫婦にならないために!“夫婦関係にロマンスを取り戻す”7つの秘策」をご参考にしてください。

一緒にエクササイズする、ストレス解消を図る、2人だけで出かける、身なりに気を遣うなど、夫婦の愛情をキープする方法は他にもたくさんあるのです!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 「夫婦円満を保つ、たった1つの心がけ」が11年間に渡る調査で判明

※ 夫婦が思う「お互いの相性がいいところ」7割が選んだ1位はアノ相性

※ お隣の夫婦事情は?「夫婦2人でやること」5位晩酌、気になる1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 夫婦円満の秘訣は「我が子」!夫婦で子どもの成長を実感するたった一つのコツ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

※ その顔汗に夫もドン引き!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【姉妹サイト】

※ ゲッやってる…!「夫が妻に色気を感じなくなる」やりがちNG行動3つ

※ 「スマホたるみ女子」が激増!スマホでほうれい線が深くなるワケとは

 

【参考】

※ 夫婦仲と夫婦風呂に関する調査 - ゲンナイ製薬

 

【画像】

※ ImageryMajestic / Shutterstock