さすがにヤバイ!「パン屋でドン引きされる」NG行為ワースト10

写真拡大

みなさん、パン屋さんにはよく行きますか? 週に必ず1回、もしくは月に数回は必ずパン屋に買いに行くという方も多いでしょう。

そんな中、他の客からパン屋で「ゲ、なにこの人……!?」とドン引きされる行為をしている人と遭遇したことってないでしょうか?

そこで『WooRis』では男女500名に、パン屋さんで「この人勘弁して欲しいな」と思う、他人の行動について調べてみました。

同調査をもとに、パン屋ですると他人にドン引きされかねないNG行為をランキング形式でお伝えします。無意識の内にご自身もしていないか、ぜひチェックしてみてください!

 

■4位:パンを素手で取る(26.0%)

26.0%の方が支持し、4位となったのは“パンを素手で取る”でした。

「まさか、大人はしないでしょ!」と思ってしまいますが、小さなお子さんはどうでしょう? 親が目を離したすきに素手で……なんて可能性がゼロとはいいきれません。

姉妹サイト『美レンジャー』によれば、伸びた爪の間には細菌がいっぱいいるといいます。なんと、爪が約3.0mm伸びた状態だと、およそ340万もの細菌がついているそうです! パンに限りませんが、トングを使わず、食品を素手で取るのは衛生的に大問題です!

 

■3位:犬などペットを抱いて入店(28.0%)

3位は、“犬などペットを抱いて入店”でした。

一般的に、盲導犬・聴導犬・介助犬をのぞいて、飲食店へのペットの入店を禁じているところが多いですよね。ですが、実は……“食品売り場”への犬の入店を禁止している法律・条例はないのだとか!

それを逆手にとって「犬連れでもいいでしょ!」とペットを抱いて入店するのは、本人にとってはよくても、それを見ている周囲の人は、大半がイヤな思いをするしょう。

しかも、パンはむき出しの状態で陳列されていることがほとんど。毛やダニ、ウイルスが飛ぶなど、やはり衛生面で気になってしまいますよね。

 

■2位:子どもがパンを触っていても注意しない(31.4%)

つづいて2位は、“子どもがパンを触っていても注意しない”でした。3割を超える方が支持しています。

4位の“パンを素手で取る”と関連してきますが、衛生的に問題がありますし、それを見てしまった他人は「親はなんで注意しないの!?」と思ってしまうもの。

子どもの行動は予測不能なことが多いので、小さいお子さんがいらっしゃる方は目を離さないようにしていきましょう!

 

■1位:パンの前でくしゃみ・せきをする(34.0%)

そして34.0%の方が支持した、堂々の第1位は“パンの前でくしゃみ・せきをする”でした!

パン屋に限らず、「食品売り場でのくしゃみ・せきは勘弁してほしい……」と思う方が少なくないのでは?

くしゃみ・せきをすると、しぶき(飛沫)が周辺に大量に飛び散るといいますので、風邪の症状をともなっていたり、花粉症の症状が見られたりするときは、マスクを必ずつけていきましょう。

 

■番外編

以上、ランキング形式で4位から1位までお伝えしましたが、いかがでしたか? 衛生面で気になるものが上位にランクインしてきましたね。

参考までに、5位以下もあわせてご紹介します。

5位:子どもが走り回っていても注意しない(23.6%)

6位:1度とったものを戻す(21.6%)

7位:顔をものすごく近づけて選ぶ(16.0%)

8位:試食を食べまくる(14.4%)

9位:1つのパンの前で長く立ち止まる(早く選ばない)(12.4%)

10位:トングをカチカチ鳴らす(9.6%)

 

いかがでしたか?

あらためてパン屋でのNG行為、マナーについて振り返ることができたのではないでしょうか。「うわっ、この人、最悪……」と白い目で見られないためにも、上記のNG行為はくれぐれも反面教師にしていきましょう! ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強〜い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ ウッソ…実は誰も気にしてなかった!焼肉屋で実は許される個人プレー3つ

※ 「人気のラーメン屋」で絶対にやってはいけないマナー5つ

※ 「お愛想して」は大間違い!回らない寿司店での赤っ恥NGマナー4つ

 

【姉妹サイト】

※ 夏に脱げるカラダに!職場のオヤツも「食べても太らない」間食ルール

※ 3位やり直し命令…夫に聞いた「家事する気が失せた妻の言動」1位は

 

【参考】

※ オシャレだけど実はヤバイ!長い爪には危険がいっぱい - 美レンジャー

 

【画像】

※ Vipavlenkoff / Shutterstock