26日、台湾行政院の張善政院長は台湾漁船が沖ノ鳥島沖で日本の海上保安庁に拿捕された問題に関し、「沖ノ鳥は畳3枚分程度の広さ。島とは言えない」と日本を非難した。資料写真。

写真拡大

2016年4月26日、台湾行政院(内閣)の張善政(ジャン・シャンジョン)院長は台湾漁船が沖ノ鳥島沖で日本の海上保安庁に拿捕(だほ)された問題に関し、「(沖ノ鳥島は)畳3枚分程度の広さ。島とは言えない」と日本を非難した。環球網が伝えた。

海上保安庁は沖ノ鳥島の東南東沖約150カイリの海域で台湾漁船「東聖吉16号」を見つけ、25日未明にこれを拿捕した。張院長は「沖ノ鳥『島』ではなく『岩礁』だ」と述べ、排他的経済水域(EEZ)の存在を否定。「日本には公海で操業する台湾漁船を拿捕する権利などない」と日本を非難し、「日本は国際的な大国でありながら、なぜこのようなことをするのか」と不満を口にした。(翻訳・編集/野谷)