日中はサラリーマンとして勤務するJACKさんが携帯(スマホ)1台で資産2億円を達成したテクニックを公開している『スマホ投資術』(ダイヤモンド社)

写真拡大

一発当たると大きな儲けが狙えるのが新規公開株(IPO)。新規公開株には、公募での抽選で当たることを狙うやり方もあれば、初値で買ってその後の上昇を狙うやり方もある。今回は、公募で当選して大きく儲けた個人投資家、JACKさんと藤原久敏さんのテクニックを紹介しよう。

売り出し規模が大きかった第一生命で1200万円の儲け!
今後は年内にも上場予定のJR九州は全力で勝負に行く!

◎JACKさん
株で約2億円を築く。現在は不動産投資も。著書に『スマホ投資』(ダイヤモンド社)など。

 初値での爆騰が狙える、売り出し規模が小さく、テーマ性のある株の当選を狙いつつ、郵政3社のような大型株も積極的に狙います。株数が多く複数単元を獲得しやすいため、2割、3割の上昇でも大きな利益が獲得できるからです。実際、郵政3社ではゆうちょ銀行(7182)を3500株、かんぽ生命保険(7181)を200株、日本郵政(6178)を3000株を獲得して、合計で335万円を儲けました。

 この戦法で勝負に出て成功したのが、2010年に上場した第一生命保険(8750)。公募価格の14万円に対して初値は16万円でしたが、8400万円を投じたので1200万円の利益を獲得できました。生保で初めての上場で公募割れはないと思っていましたが、直前に否定的な記事が出たため多くの株を集められました。

 公募の申し込みは、対面では主幹事の数が多い、野村、みずほ、SMBC日興がオススメですが、営業マンと仲良くなることが重要です。営業マンが困っているときは協力して買ってあげることもします。

IPO(新規公開株)対応 口座開設
NISA口座 通常証券口座 2015年IPO株証券会社
取り扱い実績数(カッコ内は主幹事)
◆SMBC日興証券  【証券会社情報⇒SMBC証券の紹介ページ】
72社(24社)
ネット証券比較!IPO(新規公開株)取り扱い状況ランキング!2位SMBC日興証券の公式サイトはこちら!
SMBC日興証券のIPOの特長
大手証券会社だけに取り扱い銘柄数が多く、主幹事を務める銘柄数が多いのも特徴。2015年には24銘柄で主幹事を務めた。IPOは、オンライントレードと支店で取り扱う。一般投資家に販売する数量の10%をめどにオンライントレードの同率抽選で配分される。オンライントレード(日興イージートレード)顧客の中では、同一条件、同一確率の抽選が行われる。取扱銘柄を知るには「IPO/POお知らせメール」が便利。

 営業される新規公開株はリスクが高く、ジャパンディスプレイ(6740)を引き受けたらやはり公募割れ。しかし、直後にCYBERDYNE(7779)の公募が当選。初値が2.3倍になったのでトータルでは大きな利益となりました。持ちつ持たれつといったところでしょうか。

 今の注目は2016年内に上場が濃厚なJR九州(震災で先延ばしになるかも…)。公募価格割れはないと思っているので、全力で株を集めにいくつもりです。

小型、マザーズ、テーマ性の揃った株で2倍高狙い!
2013年に新規公開のリプロセルの初値は5倍以上に

◎藤原久敏さん
FPでもあり、大学講師や作家としても活躍。著書に『あやしい投資話に乗ってみた』(彩図社)など。

 今まで一番大きく儲かった新規公開株は、2013年に上場したバイオ銘柄のリプロセル(4978)です。公募価格の3200円に対して、初値は1万7800円。初値の成立日に売却して約140万円の利益を獲得しました。

 特に当選してうれしい株は、初値が大きく上昇しやすい「小粒でテーマ性があるマザーズやジャスダックグロース銘柄」です。実際、リプロセルはこの3条件を満たしていました。

 逆に、公募割れの可能性が高いのが、東証2部に上場する地味な銘柄。企業名が漢字の会社や再上場も危険です。

 これまで公募で当選した株は約30銘柄ですが、9割は初値が公募価格よりも上昇。基本的に初値で利益を確定します。せっかく当選したのですから、欲張らないことが肝心です。

 新規公開株はできるだけ多く応募して、買うかどうかは当たってから考えます。昔は公募割れなど痛い目にも遭いましたが、最近は学習して失敗する確率は減りました。

 ただ昨年の郵政3社では逆の意味で悔しい思いをしました。想定以上に当選したため、「意外と不人気なのかも」と深読みして、一部を辞退したのです。もっとも今はマイナス金利で3社とも暴落したので、結果的にはよかったのかな…、と自分を慰めています。

>>「上場間近のIPO株(新規公開株)で儲ける方法」の最新情報はこちら