【熊本地震】急場に役立つiPnoneアプリ『家庭の医学』1900円を無償提供 / 約2,000ページ分を凝縮! 健康度セルフチェックもあり

写真拡大

平成28年熊本地震による被災者に向けて、株式会社保健同人社がiPhoneアプリ『家庭の医学』を期間限定で無償提供しています。

無償提供期間は4月20日(水)から5月31日(火)まで。2,000ページ近い家庭医学辞書を凝縮したこちらのアプリの有償版は1,900円、そう考えると今回の提供がいかにお得であるか、よくわかりますよね。

【こんなことがわかります】

iPhoneアプリ『家庭の医学』の特徴は、次のとおり。

その1. アクシデントの際、救命・応急手当を見れば即座に対応できる
その2. 体に異常を感じたときの対処法、セルフケアなど適切な判断をとれるよう症状別に解説
その3. 病気の解説、検査、今後の治療法をわかりやすく解説
その4. 薬の知識、妊娠・出産・育児、アンチエイジングなどの最新情報も提供
その5. なんとなく不調が続くと思ったら、チェックシートで健康度を調べることができる

入手方法はiTunesからダウンロード、あるいはiPhoneでAppStoreへアクセスし、「家庭の医学」で検索。もしくは「カテゴリ → メディカル」で探すこともできます。

【ダウンロードしておくだけで安心できそう】

避難先で体調を崩すことは、これほど不安を覚えることはありません。突然の怪我や体調の変化などは、ご自身はもちろん、家族や友人、親しい方にとっても筆舌につくし難いものがあります。

そういった急場での対処法や、適切な判断を提示してくれるこのアプリは、必ずや力になってくれるはず。

【持ち歩きに便利なアプリ】

また保健同人社では、『家庭の医学』のほかにも、iPhoneアプリ「応急手当」「症状チェック」を無料で提供しているので、合わせてチェックしてみると良さそうです。

ロングセラー書籍『家庭の医学』をアプリで気軽に持てる機会。家族や友人、知り合いが避難をしているという方はもちろん、そうでない方も、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

参照元:AppStore、保健同人社、PR TIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る