26日、韓国の最大野党「共に民主党」の金鍾仁非常対策委員会代表は「慰安婦合意の履行速度を上げなければならない」と述べた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月26日、韓国・ニューシスによると、13日に行われた韓国総選挙で、第1党となった最大野党「共に民主党」の金鍾仁非常対策委員会代表が、「慰安婦合意の履行速度を上げなければならない」と述べた。

同党のイ・ジェギョン報道官によると、金代表は同日、別所浩郎駐韓日本大使と会談し、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について、「ソウルの日本大使館前の慰安婦少女像を撤去すれば合意が履行されるとの話は韓国の国民感情を傷つける。歴史に基づく韓国の国民感情をよく理解し、迅速な解決に向けて努力してほしい」と述べた。これに対し、別所大使は「金代表の言葉に共感する。合意と合意の履行を重要なものと考えている。日本は韓国の国民感情を理解しなければならず、韓国も日本の国民感情を理解する必要がある」と述べたという。

しかし、金代表の発言は「日韓慰安婦合意の無効」を訴える党の立場とは異なっている。これについて、イ報道官は「『慰安婦問題をめぐる日韓合意に法的拘束力はない』というのがわが党の立場。その立場が変化したのではなく、外交的なレベルで1歩前進するため、過去に合意された部分が早く履行されてほしいという意味だ」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日韓の慰安婦協議は初めからやり直し!」

「韓国の第1党代表のセリフとは思えない」

「金代表は『共に民主党』にいてはいけない人だ」

「『共に民主党』も結局、親日の道に進むのか…」

「日本はまず歴史を認めて反省した後、被害者らに謝罪するべき。合意するのはそれからだ」

「日本の行動を見てもそんなことが言えるのか?金代表の発言はセヌリ党(韓国与党)と似ている」(翻訳・編集/堂本)