4月24日に開催された「モーターファンフェスタ in 富士スピードウェイ」で一番初めに行われた走行イベントが「HKS 2016 OPTION FUJI SUPER LAP」。

HKS 2016 OPTION FUJI SUPER LAP自体は23、24日の両日に開催され、晴天に恵まれた23日のタイムアタックではHKSのR35 GT1000+やエスコートのランサーEvoが1分43秒台を出すなど、迫力の展開だったそうです。

1

しかし、24日はあいにくの土砂降りのため、まともなタイムアタックができないという状況でしたが、それでもHKSのR35 GT1000+は2分1秒台のタイムで面目躍如。

かと思いきや、エスコートのランサーEvoが1分58秒台を出して、雨の富士最速ということに!

タイムアタックマシンはラジアルタイヤを使うこと以外、特にレギュレーションに縛られるわけでは無いので、レーシングカーに比べてやたら空力付加物、いわゆるスポイラーが多いのが特徴。

風の力を使って路面にマシンを押さえつけることでラジアルタイヤのグリップ力を補おうというものです。

ただし、富士スピードウェイのようにストレートが長い高速コースではスポイラーが抵抗になってタイムが伸びづらいこともあります。

しかし今回のようなウェット路面では、エスコートのランサーEvoのように風の力で押さえつけることによってコーナーリング中のグリップを安定させる方式の方が有利だったようです。

富士のドライ路面に合わせたHKSのR35GT1000+はストレートスピードも稼ぐために、特にフロント周りのスポイラー類はすっきりした印象です。このマシン、ドライで最良のコンディションあれば1分40秒前後を出すことが可能とのこと。確かに前日は1分43秒台を出しているので、天気が悔やまれます。

24日のHKS 2016 OPTION FUJI SUPER LAPには雨天のため1LAPしか出場しませんでしたが、タイムアタックマシンとして筑波サーキットで51秒127というとてつもない記録をもち、サラリーマン最速ドライバーであるアンダー鈴木さんが所有するS15シルビアが「史上最大のグリッドウォーク」に展示されていました。

筑波サーキットのような中速、低速コーナーの多いコースに特化したスポイラー類は、ちょっと見にはベース車両がなんだかわからないほど。空力の作用で全方位で車両を押さえつけるためにアチコチに羽を生やしてしまったということなのでしょう。

レーシングカーとは違ったタイムアタックマシンの造形を堪能できたのもモーターファンフェスタ in 富士スピードウェイの魅力といえます。

(写真・文:松永和浩)

HKS 2016 OPTION FUJI SUPER LAPに見る異形のマシンたち【モーターファンフェスタ】(http://clicccar.com/2016/04/26/368934/)