投票よりも仕事を優先する貧困層が多く、複雑な選挙制度に不満も

ざっくり言うと

  • 大統領選に垣間見える米国の深刻な経済格差について筆者が考察している
  • 選挙制度の複雑さや、貧困層が投票に行くのが難しいという問題点があるそう
  • 年収2万ドル(約220万円)以下の有権者では、投票率が下がるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング