12星座【怒り上手】ランキング 牡羊座は言いたいことをぶつけておしまい

写真拡大

 誰にでも、イライラして怒りたくなるときはあります。そんなとき、上手に怒れる人と、遠慮して怒れずストレスをためてしまう人がいます。両者にはどのような違いがあるのでしょうか? 怒り上手な人を、12星座ランキングで見ていきましょう。

■第1位 双子座……怒っている理由を冷静に説明
 双子座は、いつも冷静で感情的になることはありません。もし人に対して怒りをおぼえたら、カッとなって雷を落としたりせず、なぜ怒っているのかをていねいに伝えようとします。相手が理解してくれるまで、とにかく根気強く説明。それがとてもわかりやすいので、誰もが双子座の言い分に納得するのです。そして、空気の読めない同僚も、仕事ができない後輩も、これからは態度をあらためると約束するでしょう。

■第2位 牡羊座……言いたいことをぶつけておしまい
 カッとなりやすい牡羊座は、つい感情的になって、怒りをあらわにしてしまいます。相手と激しい言い合いになることもあり、一見「怒り下手」に見えますが、そうではありません。言いたいことを全部正直に伝える裏表のなさに、好感を持たれることが多いのです。牡羊座は、思いっきり怒ったら、その後はキレイさっぱり忘れます。そして、さっきまでケンカしていた相手と、笑顔で話ができるでしょう。

■第3位 天秤座……アメとムチで、相手をうまくコントロール
 天秤座は、人間関係のバランスをとるのが上手です。自分勝手な人には、「こら! ワガママ言うんじゃないの!」とちょっと厳しく叱ります。ただ、相手が態度をあらためたら、「やればできるじゃない!」と優しくフォローをするのを忘れません。厳しくするときと、優しくするときとで、うまく態度を使い分けコントロール。まさにアメとムチ。かなりの怒り上手だと言えます。

 第4位は、乙女座。文句を言いたい気持ちを抑え、具体的にどうして欲しいのかを伝えて、相手をうまく操縦していきます。第5位・魚座は、「そんなことされてちょっと悲しい……」と、情に訴えかけて、怒りたい気持ちを伝えるでしょう。第6位の射手座は、明るい態度であっけらかんと怒るので、場が深刻な空気にはなりません。

 第7位・山羊座は、我慢強いので、めったに怒りません。自分が怒るときはよほどのことだと周囲に知らしめ、ことの重大さを理解してもらうでしょう。第8位は、獅子座。「そんなことされたら嫌だよ〜」と子どものようにすねて、なるべく柔らかに怒りを伝えようとします。第9位の蟹座は、「あなたのためを思って言っているの……」と優しく諭すように怒るので、相手は素直に聞き入れるでしょう。

 逆に、怒り下手なのは、第10位、水瓶座。今怒るべきなのだろうかと悶々と考えているうちに、怒るタイミングを失ってしまいます。第11位・牡牛座は、怒りを覚えつつも、自分さえ我慢すればいいのだとこらえます。そのせいでストレスをためがちに。

 そして第12位は、蠍座。怒りを心に秘めるタイプなので、いつもイライラしています。パッと見は穏やかなので、誰も蠍座が怒っていることに気づきません。しかし、いよいよ我慢の限界がきたら、いっきに怒りを爆発させ、周囲を震えあがらせるでしょう。

 「怒り」は貯めこまないことがいちばん大切です。どうして怒っているのかしっかり伝えて、心地よい人間関係を築いていきましょう。
(紅たき)