ジョブチューンで紹介の「赤いきつねの炊き込みご飯」つくってみた

写真拡大

4月23日に放映された『ジョブチューン』(TBS系)で、東洋水産の社員が紹介していた「赤いきつねの炊き込みご飯」。もう名前だけでインパクト大です。好奇心をくすぐられ実際につくってみましたよ!

【関連:ネットで話題の『カップヌードル茶碗蒸し』がとんでも実験系レシピなので検証してみた】

赤いきつねの炊き込みご飯材料

用意するのは「赤いきつね」1つ、米1合、水1合分。
米を洗い1合分の水を入れます。その上にカップ麺から取り出し刻んだおあげ、砕いた麺、かやく、粉末スープと全て入れ混ぜずに通常モードで炊飯。炊き上がったらさっくり混ぜて出来上がりです。

麺を砕く
カップ麺から取り出し刻んだおあげ、砕いた麺、かやくを全て入れて混ぜずに通常モードで炊飯

お味はと言いますと、ちゃんとした香ばしい炊き込みご飯になっていました!水が少ないかな?と心配していましたが、ちょっと固めのおこわっぽく仕上がって問題なし。柔らかめが好きな人は、気持ち多めに水を入れるといいかもしれません。

食べた瞬間、これは絶対におにぎりにすべきだ! とピンときて軽く手に塩をつけおにぎりにしたところ、そのまま食べるよりも美味しさ倍増。お弁当に入れるのにぴったりなメニューが出来上がりました。
赤いきつねがまんま炊き込みご飯になっているというよりは、炊き上げたことで香ばしさが際立ち、うどんのもちもちさが炊き込みご飯の美味しさ引き立ててくれる簡単アイデア料理に! さすが社員さんおススメメニューは斬新です。

おにぎりにしてみた

Twitter上でも放映から気になるという書き込みが急増。実際にチャレンジしたという人もちらほらいるようなので、食いしん坊の人はぜひ試してみてくださいね!

(文:大路実歩子)