経験したからこそわかる! 私がもし「転職」するなら絶対に○○を基準に仕事を選ぶ

写真拡大

今の職場への不満、キャリアアップのためなど転職の理由は様々ですが、みなさんが転職するとしたら何を基準に新しい職場を探しますか? もしものときのために、一度は考えておくのも良いかもしれない転職先を選ぶ基準。今回は、女性たちが転職する際に重視したいポイントについて聞いてみました。

■職場環境

・「働いている人の年齢層がバランスよくいること」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「人間関係が第一。第二は自分が好きだと思える部分が、その仕事に少しでもあるかどうか」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「求人情報はしっかり読んで、社風や離職率などちゃんと把握した上で転職活動を行う」(22歳/情報・IT/技術職)

職場の人間関係や雰囲気が自分に合うかどうかというのは、働きやすさを決める重要なポイントですよね。自分がそこで生き生きと働けている姿が想像できるかどうかは、転職前の不安な気持ちを払しょくするためにも大事。こういうところで働きたいと思える職場に転職できると良いですよね。

■プライベートを優先できるかどうか

・「仕事内容。長く働けるかどうか。子ども中心の生活になるので行事の際休めるかどうか」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「なるべく育児優先でできるところ。女性が活躍している職場」(33歳/情報・IT/技術職)

・「場所と労働時間。通勤ラッシュの電車に長時間乗るのはつらいし、早く帰れるほうが絶対良い」(27歳/医療・福祉/専門職)

家庭と仕事を両立させるためには勤務時間や休みの取りやすさなども大切ですよね。育児に理解のある職場だったり、通勤時間が短縮できるところだったりするとプライベートで使える時間も増えるので「時間が足りない!」というストレスも軽減されそうです。

■給与や福利厚生

・「給料。今の会社はどんなに頑張っても思うような給料にならないから」(327歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「福利厚生がしっかりしている。派遣、パートとかではなく正社員フル勤務であることは外せない。私は既婚だけど夫の収入に頼らずとも生活できるように給料の良さも条件に入る」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「拘束時間も勤務内容も激務だったのに給料が、同業種の平均より下だった。大変でも高給か、人間関係がよく楽な仕事で安い給料かどちらかでないと続けられない」(29歳/医療・福祉/専門職)

生活していくうえで軽視できない給料。どうせ転職するなら今よりも給料の高い所で働きたいと思う人が多いのも納得ですね。転職してすぐは思い通りの給料でなかったとしても昇給が見込めるのなら、検討の余地もアリ。仕事に見合った給料がもらえるというのは、最低限の希望とも言えますよね。

■まとめ

できれば、転職せず同じ職場で安定して働きたいとは思うものの、今の職場での不満が転職で解決できるのなら思い切って転職してみようと思う人もいるのでは? ただし、嫌なことがあるからといってそれから逃げるように転職するのは後悔することもありそう。今の職場にないものが転職で得られるのか、しっかり考えたうえで転職という選択をすれば、仕事もプライベートも充実した生活ができそうですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数406件(22〜34歳の働く女性)
※画像はイメージです