U−23代表、6月開催の親善試合でリオ五輪に出場する南アフリカと対戦

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は26日、リオデジャネイロ・オリンピックに出場するU−23日本代表が6月29日に松本平広域公園総合球技場(長野県)で行われる国際親善試合で、同五輪に参加するU−23南アフリカ代表と対戦することを発表した。

 U−23日本代表は、5月11日にベストアメニティスタジアム(佐賀県)でガーナのA代表とチャリティーマッチを行う。8月に開催される五輪本大会に向けて、2試合続けてアフリカ勢と対戦することとなった。

 同代表を率いる手倉森誠監督は、JFAを通じて「リオデジャネイロオリンピック前、国内での最終ゲームとしてオリンピック出場国である南アフリカと戦えることは非常に楽しみです。南アフリカは、洗練されたフィジカルをベースとしたスキルがあり、昨今非常にタクティカルになってきている印象を持っています。アフリカ勢との対戦経験にそう恵まれていないので、大変貴重な強化の場となります」とコメントを発表している。