<中日クラウンズ 事前情報◇26日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 今年で57回目の開催となる国内男子ツアー春の大一番、「中日クラウンズ」が28日(木)より愛知県の名門、名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを舞台に開催される。
中日クラウンズ、歴代覇者にはノーマンなどそうそうたるメンツが
 昨年大会では和合とバツグンの相性を誇るI・J・ジャン(韓国)が2位に4打差をつけ圧勝。2012年に続き、この大会で2回目の勝利を挙げた。長い歴史を持つこの大会だが、これまで連覇を達成したのは青木功と尾崎将司の2人だけ。今年は相性の良さを武器に史上3人目の快挙を狙う。
 JGTO会長となった青木だが、この伝統の一戦には選手としてエントリー。このまま出場すれば故・宮本留吉のツアー最年長出場記録を塗り替えることになる。もちろん現職の会長の出場も史上初のこと。キム・キョンテ(韓国)、2週連続優勝を狙う池田勇太ら勢いのある選手たちの中でレジェンドがどんなプレーで和合を沸かすのか、注目が集まる。
 この日、ペアリングが発表されジャンは藤田寛之、松村道央と同組に。青木は重永亜斗夢と“ジョー”こと尾崎直道、池田は星野英正、永野竜太郎と同組となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】契約フリーの池田勇太が選んだのはヨネックス製アイアン
池田勇太なりの石川遼へのエール?「クラブ持って来い」
ツアーで見つけた旬ギアネタ!【パナソニックオープン編】
スライサー必見!ユーザーが選ぶ“つかまりが良い”ドライバー