野々村竜太郎被告 量刑で考慮され判決は世間との間にズレがある可能性も

ざっくり言うと

  • 野々村竜太郎被告の判決公判は7月6日に予定されている
  • 片田真志弁護士は「執行猶予付き判決が言い渡される可能性は高い」と指摘
  • 「社会の受け止め方との間にずれがあるといえるかもしれない」とも話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング