ワタリガラスはチンパンジーと同じくらい賢い:研究結果

写真拡大

ワタリガラスの脳はチンパンジーの脳の26分の1の大きさだが、チンパンジーと同等の知能を持っていることがわかった。ニシコクマルガラスも、ボノボとゴリラを上回る成績を示した。

「ワタリガラスはチンパンジーと同じくらい賢い:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ワタリガラスの脳はチンパンジーに比べて非常に小さい。それにもかかわらず、運動の自己制御に関するテストにより、ワタリガラスはチンパンジーと同等の知能をもっていることがわかった。

スウェーデン・ルンド大学の博士課程学生らからなる研究グループが、ワタリガラスなど数種のカラスに対して、運動の自己制御に関するテストを行った。科学誌『Royal Society Open Science』に発表された今回の研究では、ワタリガラスは、知能全般の強い指標である「自己制御能力」を非常に高いレヴェルで示した。

まず研究グループは、外から内側が見えない不透明なシリンダー(筒)のなかに報酬のエサを入れ、実験対象の鳥によく見える場所に設置した。このシリンダーは両端に穴が開けられていて、その穴から報酬に到達できる仕組みで、この装置を使って研究グループは、鳥たちに報酬に辿り着く方法を学習させた。

次に、このシリンダーは同じ構造をした透明なタイプのものに取り替えられ、量を増やした報酬がそのなかに入れられた。この自己制御能力に関するテストの目的は、なかに入っている報酬に到達しようとして、鳥たちが透明のシリンダーにくちばしをぶつけるのか、それとも両端の穴から報酬に辿り着く方法を覚えているのかを調べることだった。鳥が、なかにあるエサを取ろうとして、シリンダーをくちばしでつついた場合は「失敗」と記録された。

今回の実験で対象となった鳥たちのなかで一番利口だったのはワタリガラスで、このタスクを100パーセント正しくこなした。この成績はチンパンジーとまったく同じだった。

RELATED

また、ニシコクマルガラスカレドニアガラスの成績はそれぞれ97パーセントと92パーセントだった。ニシコクマルガラスのこのスコアは、ボノボ(95パーセント)とゴリラ(94.4パーセント)を上回った。

ワタリガラスの脳はチンパンジーの脳の26分の1という小ささながら、運動の自己制御に関する今回のテストでは、どちらの種もまったく同じスコアを記録した。ニシコクマルガラスとボノボの成績の差はさらに注目に値する。というのも、ニシコクマルガラスの脳は、同じように知的な類人猿であるボノボの脳と比べると、70〜94分の1の大きさしかないからだ。

その一方で、今回の研究結果により、鳥類のなかでは、脳の大きさがシリンダータスクの結果に影響を与えることもはっきりした。最も成績の良かったワタリガラスの脳は、ニシコクマルガラスとカレドニアガラスの脳よりも若干大きいからだ。なお、ワタリガラス、ニシコクマルガラス、カレドニアガラスはどれも並外れて利口とされるカラス科の鳥たちだ(カラス科にはほかにカササギやミヤマガラス、カケスなどがいる)。

一方、ヒューストン大学とウィーン大学のチームが行った研究により、ワタリガラスには抽象的思考能力が備わっており、「自分が監視されていること」を認識できることもわかっている。エサを隠す能力をテストしたこの研究では、たとえ実際にはライヴァルの形跡がなくても、ワタリガラスは「見られている」と思うときにはエサを隠すことがわかった。

※ 慶応大学の研究者チームは2007年、世界で初めてカラスの脳地図の作成を行ない、思考や学習、感情をつかさどる大脳が極めて大きいことなどを明らかにした(日本語版記事)。体重に対する脳の重さの割合を表す脳化指数は、カラスは0.16パーセントで、イヌの0.14パーセントより多く、ニワトリ(0.03パーセント)の5.3倍。ヒトは0.86パーセント、イルカは0.64パーセント、チンパンジーは0.30パーセントとされるが、慶応大学チームのリリース(PDF)では、カラスの脳化指数はサルより高くチンパンジーより低いとしている。