長期連休を目前に、日差しが眩しい季節が到来しました。
そこで気になるのは、最近話題になっている「目から日焼けする」という話。
「目で受けた紫外線が、なぜ日焼けにつながるのか」と思う方も多いでしょうが、まずはその理由を知ることが大切。
紫外線、陽射しがますます強くなるこれからの季節。
きちんとしたサングラス選びで、日焼けのダメージから目と体を守ってあげましょう!

きちんとしたサングラス選びで、日焼けのダメージから目と体を守ろう!


なぜ、目から日焼けするの?

目で受けた紫外線が、なぜ日焼けにつながるのか……、その理由は脳に関係があります。
実は、体(皮膚)に日焼け止めクリームをしっかり塗っていても、目が紫外線にさらされることで、脳が「体を守って!」という指令を出し、メラニン色素を出すメカニズム(体の防衛反応)になっているのです。
女性が嫌いなメラニン色素……。
実はこのメラニン色素は、皮膚ガンを防ぐなど、人の体に本来備わっている「肌のバリア機能」。
どういこうことかと言いますと、紫外線を受けた肌が奥深くまで紫外線を到達させないよう、皮膚炎や火傷の水ぶくれを発症させる……。その大切な役割を担っているのがメラニン色素なのです。
ただ、加齢とともに肌のターンオーバーサイクルが増えることでメラニンがシミになるのですが、日焼け止めクリームやミストなど、シミ対策をしっかり実践している人も、
目から得た紫外線情報を脳は信号として体に発信 ➡ 体にメラニンが生成 ➡ 肌が日焼け……。
シミの発生を誘発する上記のサイクルを理解すると、目の紫外線予防(サングラス着用)がいかに大切か理解できますよね。


目からの日焼けを避ける3つのポイント

サングラスにはさまざまなタイプの色があります。
では早速、目からの日焼けを避けるために必要なポイントを、3つご紹介しましょう。
■ポイント01■ 色の薄いサングラスを選ぶ!
通常サングラスは、濃い色を選びがちです。実はこれが問題なのです。
明るい場所にいると、瞳孔が小さくなります(画像参照)。
しかし、暗い場所になると瞳孔は大きくなります(画像参照)。
※暗い色のサングラスが太陽光や紫外線を遮断してくれそうに感じますが、逆に、濃い色のサングラスは目の瞳孔を大きく開かせる効果があるということ。そのせいで、より多くの紫外線を目に浴びてしまうことに!
よって、サングラス色は目が透けて見えるくらいの薄めがベストなのです。

明るいところにいるときの目

明るいところにいるときの目

■ポイント02■ 紫外線カット率の高いサングラスを選ぶ!
サングラスを購入する際に、「99%UVカット」などと書かれているUVカット率の高いものを選びましょう。
■ポイント03■ 紫外線透過率の低いサングラスを選ぶ!
UVカットの表記ではなく、透過率という表記がされている場合もあります。この場合は数字が低いほうを選びましょう。
※UVカットの機能には寿命があります。年数や傷などに注意して使用しましょう。
※サングラス以外にも、UVカットコンタクトがありますので、これも紫外線対策におすすめです。
仕事は外まわりが多く、サングラスはちょっと……、あるいは、通学中にサングラスはちょっと……という人も、UVメガネ(だてメガネ)をつけるだけでもかなり違うはず。気になる人は試してみてください。

暗いところにいるときの目

暗いところにいるときの目


眼病予防にサングラス

日焼けにかぎらず、目に多くの紫外線を浴びると、ドライアイや充血などの眼病の要因にもなりえます。
さらに、紫外線は視力低下を引き起こす「白内障」「翼状片」「瞼裂斑」の原因となるとも考えられています。
●「翼状片」(よくじょうへん)
翼状片白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭(めがしら)のほうから黒目に三角形状に入り込んでくる病気気です。初期段階に「充血」「ドライアイ」などがあります。
●「白内障」(はくないしょう)
白内障は水晶体のたんぱく質が変性し、次第ににごってくる目の病気です。
●「瞼裂班」(けんれつはん)
たんぱく質が変性し、白目の一部が変色・盛り上がる目の病気です。
上記の眼病予防にもサングラスは必要です。
これからの季節、アウトドアなどを趣味にしている方は特に注意が必要です。
目に対する紫外線の注意点と、サングラス選びのポイントを理解して健康的に過ごしてくださいね。

最近は、薄めの色、デザインも豊富に

最近は、薄めの色、デザインも豊富に