25日、ソウル中央地方法院は業務妨害と暴力罪の嫌疑で韓国人男性の許容疑者に5日間の拘留を言い渡した。資料写真。

写真拡大

2016年4月25日、韓国・聯合ニュースによると、ソウル中央地方法院は業務妨害と暴力罪の嫌疑で韓国人男性の許容疑者に5日間の拘留を言い渡した。環球網が伝えた。

許容疑者は8日に何度もソウルにある銀行まで押しかけて騒動を引き起こした。同容疑者は銀行の女性職員がしっかりと自分を見ておらず、サービス態度も不親切だとクレームをつけ、さらに勤務時間中には笑顔を見せるように強要し、銀行業務を大きく滞らせた。

今回の判決について中央地方法院の裁判官は「法廷の場で許容疑者を処罰する判決を言い渡すことが正しいのかどうか悩んだが、誰であろうと相手に笑うことを強要する権利はないし、サービス業に従事する人たちも無条件に顧客に迎合する必要はない。これが問題のポイントだ」と述べた。(翻訳・編集/矢野研介)