ベントレーの最高級2ドアクーペ『コンチネンタルGT』の次世代型プロトタイプをフィンランドで捕捉しました。

1

初期段階の試作車のため現行モデルとダミーパーツによる偽装が重く、エクステリアの詳細ははっきりしていません。

噂では、次世代LEDデイタイムランニングライトを装備し、2015年に公開されたベントレーのコンセプトカー「EXP10 スピード6」を彷彿させるアグレッシブなデザインになるようです。

また、最初のプロトタイプでポルシェ「パナメーラ」のミュールでテストしていたことからも、パナメーラと同じ「MSB」プラットフォームを採用することも分かっています。

注目のパワートレインは、新開発の6リットルW型12気筒ターボエンジンで、最高馬力は600psを叩き出し、0→100km/h加速は4.1秒とパフォーマンスも歴代最高の一台になりそうです。

エンジンラインナップには、プラグインハイブリッドや新たにダウンサイジングされるエンジンなどにも期待が集まります。

ワールドプレミアは2017年3月、スーパーカーの祭典「ジュネーブモーターショー」と思われます。

(APOLLO)

過去最高の600馬力を発揮する、次世代のベントレー・コンチネンタルGT(http://clicccar.com/2016/04/26/368032/)