海外旅行に行く前に! 必携「“超優秀”無料アプリ」3選

写真拡大

たまの休暇に、ご褒美としていく海外旅行。準備をする間も楽しみですよね。

絶対に行きたくなる! 現実とは思えない“世界の絶景”厳選9スポット

でも準備をするにつれ、楽しみと同時に心配も尽きません。現地に行って、電車に乗れなかったらどうしよう、言葉がわからなくて何もできないのでは……現地に行って、困ることは案外あるものです。そんな心配を解決するために、海外旅行で便利すぎる、しかも無料の超優秀アプリを紹介したいと思います。

世界最大のローカルビジネスの口コミサイト「Yelp」

現在世界30カ国で使えて、約1億4200万人ものユーザーがいるビッグアプリ。レストラン他、クリーニング屋や、病院、教会の情報まで知りたいリアルなローカル情報がつまっていて、海外の方の携帯にはほとんどこのアプリが入っているほど。

Yelp側も、すでに人気のある定番スポットよりも、「いいところなのに知られていない」という場所を紹介したいという思いで場所選びをしているため、実は本当に知りたいと思っていた、ツボなお店を知ることができます。

またこのアプリ、オンライン予約が可能なのもアツいんです。レストランによっては、Yelpのページから直接空席照会とオンライン予約ができるシステムになっていて、当日でも予約可能なところも。

海外でお店を予約したいけれど「電話をするのが怖い!無理!」という経験はありませんか?英語など他言語で電話をすることはかなりハードルが高いので、本当に助かりますよね。

Yelpはこれまでに進出したどこの国よりも早いスピードで、いま日本のユーザー数が伸びてるそう。日本とは相性がいいのかもしれないですよね。

もともとは米国のみで人気のクチコミ情報サイトでしたが、2004年にサービスが始まり、米国・カナダ以外にも欧州やオーストラリアでも利用が可能です。

使い方はかなりシンプル。例えば、サイト上部の検索キーワードに「dinner」と入力すると、具体的な複数のdinnerに関連するキーワードがリストアップされるので、ユーザーは夕食が楽しめるお店をリストからスムーズに選択することができます。

また、ユーザーは、自由にYelpに掲載されている店のレビューを行うことができます。各店に対するレビューは、ユーザーの顔写真や実名とともに記載されているため、信憑性が高く安心です。

ツータップでタクシーがあなたの目の前まで!「Uber」

たったのツータップでタクシーを呼べるアプリ。海外ではかなりスタンダードなアプリになっています。

今やUberは世界54カ国、250都市以上で展開をしているので、世界中どこへいっても使えます。利用したい車種を選んで、来てほしい場所に位置ピンを置けば、それだけでOK。配車完了です。

ドライバーの顔写真と車両の情報も確認できるので安心ですし、到着するまでマップ上で車両の現在地も確認できます。

到着するのもかなり早く、特に大都市では5分以内に来ることがほとんど。筆者がニューヨークとパリで使用した際は、1分でタクシーが来たため、部屋からホテルのロビーに降りるより、タクシーの到着が早かったことも何度かありました。

また、クレジットカードの登録をアプリにするので、タクシー内での外貨を使った支払いも不要です。目的地に到着したら、車から降りるだけ。チップも不要なので、チップ文化のない日本人には嬉しいですよね。

車種も選べるので、気分によってお手頃価格から贅沢な移動まで。普段のご利用には、いつでもお手頃な価格で。いつもより広めの車に乗りたいときでも、Uberなら思いのままに選べます。

シャッター音が恥ずかしいけれど、絶対写真は残したい!「StageCameraHD」

海外旅行では、記念にたくさん写真を残したいですよね。でも高級レストランなど、シャッター音がちょっと恥ずかしい事も。でもせっかくの高級料理なので、写真に収めたい!SNSにあげたい!という気持ちなはずです。

そんな時は「StageCameraHD」というカメラアプリが超使えます。シャッター音が鳴らないカメラアプリなので、高級料理店の美味しいメニューもしっかり撮影できます。そして、通常の携帯のカメラ機能で撮ったように、携帯のライブラリに収まるので、他の写真と並べて閲覧することができます。

もちろん撮影禁止の場所では、控えましょう。

<番外編>wifiがないときにも便利な「Google マップ」

みんな大好きGoogle マップ。日本にいるときも多くの人がお世話になっているはず。
このGoogle マップ、 wifiがなくてもある程度のところまで使えるのです。

筆者の経験ですが、何も考えずに初めてカナダの空港に降り立ったところ、宿泊地までの行き方さえ調べていなくて(これは、ちょっと準備していなさすぎですが……)焦りました。到着したてなので、まだwifiも持っていません。

そんな時に辛うじてGoogle マップに行き先だけ入力していました。位置情報はwifiがなくてもonになるので、その地図を見て、自分のいる場所を確かめながら進んでいき、無事に宿にたどり着くことができました。wifiがないと、新たな検索はできませんが、元々検索地のみ入れ込んでおくと使えます。

一番不安なのが、最初に現地に着いた時。日本を発つ前に、Google マップに最初に行く場所の住所だけ入れ込んでおくのも、緊急状態に備えてアリかと思います。

パスポート、お金、水着……などいろんなものをスーツケースに詰めるときに、旅で使える便利なアプリをダウンロードすることもお忘れなく。きっと何ランクもグレードアップした旅が、あなたを待っているはずです。