写真提供:マイナビニュース

写真拡大

理化学研究所(理研)は4月26日、アトピー性皮膚炎モデルマウス(Spadeマウス)を開発し、このマウスにおけるアトピー性皮膚炎発症のメカニズムを解明したと発表した。

同成果は、理研 統合生命医科学研究センター疾患遺伝研究チームの吉田尚弘チームリーダー(研究当時)、安田琢和研究員(研究当時)らの共同研究グループによるもの。詳細は米国の科学雑誌「Journal of Clinical Investigation」(オンライン版)に掲載された。

アトピー性皮膚炎は、遺伝的に皮膚のバリア機能に障害がある人で発症しやすいことが知られているが、そのメカニズムについては良く分かっていなかった。今回、研究グループはアトピー性皮膚炎を自然発症するマウスを開発、原因となる遺伝子を調査したところ、「JAK1」と呼ばれる細胞内信号伝達分子のアミノ酸配列に変異を起こす変異を発見。さらに、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は皮膚組織の側にあり、免疫系にはないことを確認したとする。

この結果を受けて研究グループは、JAK1を介したシグナルが強く入ることによってアトピー性皮膚炎が起こると予想。JAK阻害剤をマウスの皮膚に塗ったところ、発症を遅らせることができることを確認。また、皮膚バリア機能が低下すると発症しやすいことも確認。発症4週間前からワセリンを1日おきに塗布した結果、塗布から2カ月以上にわたって発症を予防できること、ならびにワセリンを塗った皮膚ではバリア機能が改善しているだけでなく、アトピー性皮膚炎発症前の真皮に炎症細胞が集まることを防いでいることも確認したという。

理研では、ヒトにおいてもJAK1の活性化がアトピー性皮膚炎と関連しているのかどうかを調べる目的で、患者の皮膚におけるJAK1活性化を調査。その結果、6人の患者のうち4人の患者の表皮細胞でJAK1活性化が起こっていることが確認されたとする。

なお、研究グループでは、今回報告されたマウスを用いて研究を進めることで、遺伝的な発症素因を持つ個体が未病の状態のときに何が起こっているのかを観察することが可能になるため、今後、発症に関わる複数の要因を分子レベル、細胞レベルで調べていくことで、さまざまな発症予防法や治療法の確立につなげられるのではないかと期待を述べているほか、アトピー性皮膚炎発症を契機として段階的にさまざまなアレルギー性疾患が発症する「アトピックマーチ」の研究にもつなげられるのではないかとしている。

(小林行雄)