女が女に「女なんか」って「とと姉ちゃん」19話

写真拡大

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「常子、編入試験に挑む」第19話 4月25日(月)放送より。 
脚本:西田征史 演出:岡田健


祖母・滝子(大地真央)を頼りに浜松から東京にやってきた常子(高畑充希)たち。ほっとしたのもつかの間、かか・君子(木村多江)が滝子とぶつかったため、青柳家を出ることを余儀なくされる。
運良く、仕出し屋の森田屋に受け容れてもらえることになったが、大女将・まつ(秋野暢子)、息子で主人兼板前の宗吉(ピエール瀧)、嫁・照代(平岩紙)、ひとり娘・富江(川栄李奈)、板前・長谷川哲典(浜野謙太)の「べらんめえ」な食卓に困惑。追い打ちをかけるように、滝子から置いて行った荷物がさっそく届いて、すっかり退路を絶たれた形に。
そこへ、隈井(片岡鶴太郎)が、常子たちの女学校通学資金を貸すと申し出て来た。
世の中捨てたものじゃない。
肉親他人関係なく、困っている人は助けようという希望に満ちたお話だ。
むむむ、半年間のお休みを経て再び、主人公たちが労せずして利を得る、見ていていらっとする世界が戻ってきたかのよう。
そうならないためには、鞠子(相楽樹)か美子(根岸姫奈)が犠牲になって、不幸な目に遭うしかない。例えば、意に沿わない相手と結婚させられてその家が没落するとか、病気になってしまうとか、まあ、いろいろ手はある。いやいや、それはないだろうから、このままでは漏れなく「まれ」パターン一直線だ。

そういえば、先週、滝子は君子に「女なんか」と言っていた。冒頭の振りかえりを見て、女が女に「女なんか」と言うのは、特に思想があるわけではないとはいえ、どうしたもんじゃろのぉと思ってしまう。
ただ、ピエール瀧のたぷたぷのお腹と、浜野謙太の顎にL字(横山剣のイイネ!ぽいやつ)ポーズに和んだので、忘れてしまうことにした。
森田屋、ミュージシャン率高し。ピエール瀧は電気グルーヴ、浜野謙太は、NHKのコント番組「LIFE〜人生に捧げるコント〜」でも活躍中の星野源と同じSAKEROCKで音楽活動をしている。ピエール瀧と浜野謙太、ミュージシャンとしてだけでなく俳優としてもユニークな役を多く演じているこのふたりには、いい人役でも悪い人役でもどっちでもいいから、とにかくドラマを大いにかき回してほしい。
(木俣冬)