写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は4月25日、クラウドにおけるセキュリティ対策を支援するマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)の販売を6月から提供を開始すると発表した。

MSSは、Microsoft Azureなどのクラウドサービスを利用する顧客に対して、従来SBTが提供してきたSIEM運用サービスなどの「セキュリティ運用」に、クラウドの運用、監視などを行う「クラウド運用」を連携・融合したサービス。

サイバーセキュリティの専門家であるセキュリティアナリストが24時間365日常駐し、運用・監視を実施。セキュリティアナリストは高度な分析技術と経験で、日々蓄積される膨大なセキュリティログの危険度や影響範囲の程度を判別、必要な措置を提案・サポートすることで、顧客の安心・安全なクラウドサービスの利用を支援する。

各メニューとしては、Webセキュリティがウェブサイトのシステム監視、セキュリティ監視、チューニング、レポーティング、ヘルプデスクなど。Mailセキュリティはメールシステム監視、セキュリティ監視、チューニング、レポーティング、ヘルプデスクなど。Hostセキュリティはサーバの侵入検知防御、高度なファイアウォール、不正プログラム対策、セキュリティログ監視などがある。

SBTは今後も、クラウド、セキュリティ、データアナリティクスの融合で、お客様に付加価値の高いサービスを提供していく。

(Aries)