『マッドマックス 怒りのデス・ロード』/シネマシティ公式Webサイトより/(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

写真拡大

5月2日(月)から4日(水)の3日間にかけ、強烈なファンを生み出した人気アクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(以下、『マッドマックス』)と『ガールズ&パンツァー 劇場版』(以下、『ガルパン』)の極上爆音上映が、東京・立川にある劇場「シネマ・ツー」にて実施される。

【GW深夜にマッドマックスとガルパン極上爆音上映! 革命を体感の画像・動画をすべて見る】

gup_movie_toku_06_web_large

『ガールズ&パンツァー 劇場版』/シネマシティ公式Webサイトより/(C)GIRLS und PANZER Film Projekt



これは、ゴールデンウィーク初日に上映する『ガルパン』の極上爆音上映の回が即座に完売してしまったことを受けて、急遽決定した追加上映。それぞれ通常の上映回に加え、深夜帯に1回のみ上映を追加。

4月より導入された6千万円を超える最新のスピーカー「LEOPARD」を備える「シネマ・ツー aスタジオ」での上映のため、チケットは争奪戦になりそうだ。

『マッドマックス』は0時ちょうどから2時7分、『ガルパン』は2時50分から5時までの上映となる。

ただ音が大きいだけじゃない


シネマシティ公式Webサイトより

シネマシティ公式Webサイトより



立川で「シネマ・ワン」「シネマ・ツー」を運営するシネマシティは、一般的な映画館と比べて大音量かつ、高音質で作品を楽しめる、音質・音響にこだわり抜いた映画館として知られれている。

「シネマ・ツー aスタジオ」には、ラインアレイスピーカー「LEOPARD」を左右に6台、センターに8台、その他サブウーファーなども合わせて計23台のスピーカー構成。どこにいても、ただ音が大きいだけでなく、よりクリアに。そしてダイレクトに音像の迫力を体感することができるという。

『マッドマックス』も『ガルパン』も、2015年に公開された作品だが、いまだに根強い人気を誇る作品。とりわけ、作品を盛り上げる「音」にも注目が集まる作品であり、観た人をたちまち熱狂的なファンに仕立て上げてしまう作品でもある。

まだ観ていない方がいれば、ゴールデンウィークを機に、この両作品を最高の音響で観てみるのも良いかもしれない。