春になると変態が増加?変態オトコに遭遇したエピソード6選

写真拡大

春ですね。温かくなってくると、頭のなかも春らんまんになり、変態行為に及ぶ輩が増えてきます。

変態オトコに気をつけて!

最近も本当に多くの変態が御用になっています。
ということで、みなさんに気をつけていただきたい、春の変態列伝をご紹介します。

どこで事件に遭遇するか分かりません。こんな変態オトコたちにご注意ください。

●その1:帰宅途中に

「家路についていると、後ろから自転車に乗ったオジサンが通り過ぎました。と思ったら、そのままバックしてきて『お嬢ちゃん、一緒にディナーしない?』と、犬用の缶詰を差し出してきました。あとから考えたら面白いけどとてもこわかったです」(25歳/IT)

○うーん、ずいぶん安上がりなディナーですね……。

●その2:社内から脱走

「友人から聞いた話です。彼が勤めている会社は、納期前にはたびたび徹夜作業が続くそう。ある夜、同僚のひとりが窓から脱走し、街中で裸になって走り回っていたとして逮捕されてしまいました。警察の話によると『横綱の大群が押し寄せてくる』と説明していたとか。その同僚は退職してしまったそうです」(30歳/マスコミ)

○忙しさのあまり幻覚を見てしまったのでしょうか……。身内から変態オトコが出てしまう場合もあります。

●その3:満員電車で

「新入社員1年目で、私がまだ清純だったとき。満員電車に押しつぶされていると、スッとオジサンが近寄ってきて、着ていたコートをめくって、なんとアレを私の目の前でしごき始めました。イク前に駅に着いたので逃げられましたが、その後しばらく男性が怖かったです」(29歳/派遣)

○通勤ラッシュで痴漢被害にあう女性は多くいます。とっ捕まえて駅員に差し出したい!

●その4:近所で有名人

「近所に、『スーパーオジサン』が出現します。会うと必ず、『西友どこですか?』『マルエツどこですか?』『オリンピックどこですか?』としつこく聞いてくるんです。答えないと追いかけてくるそうです。半ば都市伝説化しています」(27歳/エステ)

○小学生の頃、よくそういうオジサンの都市伝説ありましたね。今も健在のようなので注意!

●その5:バイト先の常連さん

「コンビニでバイトしています。常連のおじさんがいるのですが、私に好意があるようで、買い物のついでにお菓子を買ってくれたり、終わるまで外で待っていたりします。先日、手紙を渡されたのですが、開くと精液らしきものがベッタリついていました。被害届を出すのもこわくて、泣く泣くコンビニを辞めました」(26歳/フリーター)

○最初はいい顔をして近づくてくる変態オトコ、ゾッとしますね。

●その6:向かいのマンション

「向かいのマンションの窓のカーテンがいつも開いており、その部屋の男性がものすごい体制でオナニーに励んでいるところが見えてしまいます。エビ反りなど、本当にびっくりする体制なんです。見たくないのに、つい見てしまう……。変態は私かもしれません」

○もしかしたらアナタに見せつけているのかも。でも、のぞき見はやめましょう!

この時期は酔っ払いも多いですし、変態オトコが増えています。変態は、百害あって一利なし。女性のみなさま、気をつけてくださいね。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Casey David