25日、東京五輪の新エンブレムが発表されたが、中国のネット上ではまさかの「パクリ疑惑」が浮上している。写真はヌガーのパッケージ。

写真拡大

2016年4月25日、東京五輪の新エンブレムが発表されたが、中国のネット上ではまさかの「パクリ疑惑」が浮上している。

今回、新たに選定されたのはA案の「組市松紋」。紺色の四角形が交互に並ぶデザインだが、これが中国の菓子メーカー・冠生園の花生牛軋糖(ヌガー)のパッケージを「パクった」と話題になっている。

しかし、本気で「パクリ」と考えているのではなく、一種のネタのようなものと捉えられており、ネットでは「花生牛軋糖、おめでとう」といったコメントも見られる。

現在、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「花生牛軋糖」と検索すると、東京五輪の新エンブレムの写真が多数表示される。(翻訳・編集/北田)