A4紙よりウエストが細いことを見せる「A4腰」が中国で大流行! 一方で否定的な声も多数

写真拡大

先日、中国人ネットユーザーの間で「背中で合掌ポーズ」が流行っているというニュースをお伝えしましたが、現在の流行はなんといっても「A4腰」!

「A4腰」とは読んでそのまま、A4サイズの紙を腰に貼りつけるというもの。A4用紙で隠せるほどウエストが細いですよ、ということを示す意図だそう。

試しにインスタグラムでハッシュタグ「#a4腰」「#a4waist」を検索してみると、出るわ出るわ、中国全土の若い女性たちが、競うように写真を投稿しておりました。

【わかりやすいっちゃわかりやすいけども】

インスタグラムだけでなく、フェイスブックにツイッター、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」などなど、中国のSNSはこのタグで大盛り上がり。A4用紙のサイズといえば21cm×29.7cm、細さをアピールするのにはまあ、わかりやすいのかもしれないけれど……。

実は「A4腰」写真、紙とウエストの距離さえ気をつければ、簡単にねつ造できちゃうんですけどね!

【否定的な声も多々】

一方で、この動きに対し異を唱える外国人ネットユーザーは、少なくない模様。

自らがモデルとなった写真を投稿、ウエストの前に配置したA4用紙には、以下、さまざまなメッセージが記載されておりました。

【否定派の意見】

「私の身長は170cm。あなたたちのルール(A4紙ウエスト=痩せている)には当てはまらない」
「1枚の紙なんかに私は定義されないわ」
「それはあなたのウエストのサイズなんじゃなくて、 “気持ちのサイズ” なんじゃない?」

このほかにも、A4サイズの紙をあえて横向きにしてウエストに当てた写真を投稿する人、さらにはもっと大きな紙を当てる人などが多数。 “細いウエスト” をステイタスとする動きに「NO!」を突きつける外国人ユーザーは、想像以上に多いようです。

それでもなお、日々増え続ける「A4腰」写真。あなたはこの流行、どう思う?

参照元:Instagram / #a4腰、Instagram / #a4waist
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る