ホンダが描く、かわいい「自律走行車の未来」

写真拡大

ホンダは、アフリカから南米までを7種類の自律走行車で巡る壮大な旅の構想「ホンダ・グレートジャーニー」を発表した。砂漠や水上、雪や氷、高山などを最新技術で走行する、レトロで魅力的なデザインのクルマたちをジオラマで表現している。

SLIDE SHOW 「ホンダが描く、かわいい「自律走行車の未来」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-film_rtrip_001_01_x1_0031-0-582x388

2/11

03-film__41a6373-0-932x621

3/11グレートジャーニーの最初である、アフリカ大陸を走るモーターホーム「サファリ・ドリフター」。ホンダの芝刈りロボット(日本語版記事)を取り入れて、サヴァンナを走行する際に自身で進路を切り開けるようにした。

04-film_04leg_001_03_x1_0058-2-932x603

4/11日本からカムチャッカ半島まで渡る「アイランド・ホッパー」は、水陸両用車で、ペダルボートと贅沢なクルーザーを組み合わせデザインだ。

05-film__41a6990-0-932x621

5/11アイランド・ホッパーは太陽光で稼働する。

06-film__41a6934-0-932x681

6/11アマゾンの熱帯雨林を行く「ジャングル・ジャンパー」は、ホンダが1963年に発売開始した軽トラ「T360」にインスパイアされた6輪トラックだ。

07-film__41a6201-0-932x583

7/11燃料電池から排出される水は、フィルタリングされて車の後ろにあるコンテナに保存される。

08-film__41a6131-0-932x615

8/11ホンダのエンジン発電機と、1982年に発売開始された50ccのアウトドア用レジャーバイク「ホンダ・モトラ」にインスパイアされている。

09-film__41a6752-0-932x610

9/11「ツンドラ・スレッド」は、伝統的な犬ぞりのコンセプトを、ホンダの2輪小型電動スクーター「ユニカブ」を組み合わせたものだ。センサーが完備した6台のロボット・ホイールが本体を引く。

10-film_mouta_001_04_x1_0034-0-932x621

10/11「マウンテン・クライマー」は、地滑りによる岩石などに遭遇した場合に備えて、車両下部から伸長できるロボットの脚を備えている。

11-film__41a6219-0-932x564

11/11多くのコンセプトは、「ツインリングもてぎ」にある、歴代の車両や製品資料を収めた「ホンダコレクションホール」の展示品から誕生している。

Prev Next

1年ほど前、ロンドンにあるデザインスタジオ・Mapがホンダから仕事を受注した。それほど遠くない将来に、世界中に旅することができるホンダの自律走行車のデザインをつくるというものだった。

ただし、この依頼には通常と異なる状況がふたつあった。1つは、Mapが普段は新興企業を相手にする小さな会社であること。2つ目は、ホンダは実現・市販可能なものをMapに一切求めていないという点だ。ホンダが求めていたのは魅力的なアイデアであり、クルマの未来を夢想するコンセプトだったのだ。

取り組みの結果として生まれたのが「ホンダ・グレートジャーニー」だ。贅沢なつくりのブランドキャンペーンで、7種類のプロトタイプを紹介している。それぞれがリモコンカーの大きさで、リアルなジオラマのような風景のなかで撮影された。これらの画像が1つにつなぎ合わされると、ケニアのナイロビからブラジルのマナウスまで、人類の移動をたどる自律走行車の旅が描かれる。

Mapと共同で作業に当たったのが、日本企業・もりだ(代表は、「OK Go」が千葉で撮影したMV(日本語版記事)のクリエイティヴ・ディレクターも務めた原野守弘氏)。

両社は当初、1種類のコンセプトカーを作成することになっていたが、最終的には7種類となった。

Map創業者の1人であるジョン・マーシャルは、「アフリカから南米までとなると、砂漠から水上、さらに雪や氷のなかなど、さまざまな環境がある。多機能が必要で、かなり面白い、フランケンシュタインのような怪物のようなクルマになるでしょうが、実のところ、1台でうまくやり通せる自信はありませんでした」と述べる。

作業に取りかかってまもなく、マーシャル氏はチームとともに、東京から2時間ほどの「ツインリングもてぎ」(栃木県)の、歴代の車両や製品資料を収めた巨大な展示施設「ホンダコレクションホール」を訪れた。ここには、ホンダの二足歩行ロボット「ASIMO」や、燃料電池技術や太陽電池パネルなどを動力とする実験車両が展示されている。

ホンダが提供する広範にわたる技術を目の当たりにしたマーシャル氏たちは、それぞれの環境に特化した一連の車両をつくることにした。たとえば、「サファリ・ドリフター」にはホンダの芝刈りロボット(日本語版記事)を取り入れて、サヴァンナを走行する際に自身で進路を切り開けるようにした。「マウンテン・クライマー」は、地滑りによる岩石などに遭遇した場合に備えて、車両下部から伸長できるロボットの脚を備えている(上記ギャラリー#10参照)。

各車両の魅力的な外観はどれも、1960年代の箱型キャンピングカーなどを思わせる。これについてはマーシャル氏が多くの理由を述べている。まずは、大きな窓と、広いベッド空間によって、これらのクルマが旅行用の車両として認識される。自動車の持ち主は、昼間は運転を楽しみながら周囲の世界を眺めることができる。夜になると、クルマに走行を任せて自分たちは眠りにつくのだ。