100万台達成記念車(国内市場向け1.5ℓソフトトップ車)

写真拡大

マツダは2016年4月25日、同社の「マツダ ロードスター(海外名MX-5)」の累計生産台数が4月22日に100万台に達したことを発表した。1989年4月に広島市の宇品第一工場で初代モデルの生産を開始して以来27年での達成。

「ロードスター」は「走る歓び」を訴求するマツダのクルマづくりを象徴する製品。1989年の発売以来、ライトウェイトスポーツカー特有の"Fun(楽しさ)"を一貫して提供することにより、国や文化、世代を超えたさまざまなユーザーからご支持された。

これまでに日本だけでなく、世界の国々でも200を超える賞を受賞。15年に発表した4代目ロードスターは「2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー」や、16年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オ ブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなどグローバルに高い評価を受けている。

「ロードスター」は「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録を更新し続けている。

マツダは累計生産台数が100万台達成できたことについて、オーナーやファンの皆様に、これまでのご支援への感謝をお伝えするために、100万台達成記念車を5月3日に開催される広島県最大級の祭典「第40回ひろしまフラワーフェスティバル」の花の総合パレードへの参加をはじめ、日本国内、世界各国のファ ンイベントを巡回し、展示することを予定している。