【追記】レトロゲーマー歓喜!Steamのメガドライブソフトを満喫する仮想ルーム『Mega Drive Classics Hub』登場

写真拡大

セガヨーロッパが4月28日から、Steamで購入したメガドライブ用ソフトをプレイするユーザー向けに作られた仮想ルーム『Mega Drive Classics Hub』をリリースすると発表しました。

90年代初めのSEGAファンの部屋をイメージしているとのことで、ブラウン管テレビやSteamで購入したメガドライブ用ソフトを並べられる棚、時間によって部屋の明るさや窓の外が昼夜になるなどのギミックも用意されています。もちろん、懐かしのメガドライブ本体の3Dモデルもあり、カセットを差し込んでゲームを起動する演出など、粋なことをしてくれています。



また、任意のタイミングでセーブができる機能やローカルでの協力プレイなどに対応。主な対応ゲームは『ゴールデンアックス』や『ファンタシースターII』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』など。

【追記】:対応するゲームの詳細は以下の通りです。

・Golden Axe

・Altered Beast

・Comix Zone

・Ecco the Dolphin

・Gain Ground

・Shinobi III: Return of the Ninja Master

・Vectorman

・Crack Down

・Shadow Dancer

・Space Harrier II

・Ecco Jr.

・Alex Kidd in the Enchanted Castle

・Bonanza Bros.

・Super Thunder Blade

・Kid Chameleon

・Ristar

・Galaxy Force II

・Columns

・Eternal Champions

・Fatal Labyrinth

・Bio-Hazard Battle

・Columns III

・Sword of Vermilion

・Virtua Fighter 2

・Ecco: The Tides of Time

・Alien Storm

・Decap Attack

・Flicky

・ESWAT: City Under Siege

・Golden Axe II

・Landstalker: The Treasures of King Nole

・Shining Force

・Wonder Boy III: Monster Lair

・Streets of Rage 2

・Alien Soldier

・Light Crusader

・Gunstar Heroes

・Streets of Rage

・Shining Force II

・Shining in the Darkness

・Beyond Oasis

・Dynamite Headdy

・Golden Axe III

・Phantasy Star II

・Phantasy Star III: Generations of Doom

・Phantasy Star IV: The End of the Millennium

・Dr. Robotnik's Mean Bean Machine

・Sonic the Hedgehog

・Sonic the Hedgehog 2

・Sonic 3 and Knuckles

・Sonic 3D Blast

・Sonic Spinball

・Toejam and Earl

・Toejam and Earl in Panic on Funkotron

・Streets of Rage 3

・Revenge of the Shinobi

・Vectorman 2

・Wonder Boy in Monster World

そして、今回注目すべき点はSteam Workshop対応により「メガドライブ作品の改造(Mod)を公式にサポートする」ことです。具体的にどのようなModが作れるのか、配布できるのかはまだ不明ながら、チートコードや改変セーブデータを使って最強プレイを楽しんだり、過去に難しすぎて挫折してしまったステージや、逆にここをもう少しこうできれば張り合いができたのにというステージのバランス改良ができれば、過去のゲームを改めて楽しめそうです。

メガドライブファン必見の内容ですが、日本での展開は未定です。すぐにでも日本で体感したいので、今後の展開に注目していきたいですね!