日本を訪れる中国人旅行客が近年増加しており、各観光地や繁華街で中国人旅行客を見かける機会が増えている。日本人と中国人は外見上の違いはほとんどないが、それでも立ちふるまいを見れば中国人か日本人かはすぐ見分けがつく。それほど日本人と中国人の行動や振る舞いは違うと言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が近年増加しており、各観光地や繁華街で中国人旅行客を見かける機会が増えている。日本人と中国人は外見上の違いはほとんどないが、それでも立ちふるまいを見れば中国人か日本人かはすぐ見分けがつく。それほど日本人と中国人の行動や振る舞いは違うと言える。

 中国ポータルサイトの今日頭条はこのほど、「日本人の細部に見られる素養」を論じる記事を掲載。民度が高いと言われる日本人はどれだけ細かい点にまで気を配っているのか、中国と比較しながら分析した。

 記事はまず、アジア圏の若者にとって日本への留学が人気であると伝えつつ、その理由として、「教育の進んだ国であることに加え、民度の高さと、美しい環境」があると紹介。日本では細部に至るまで素養の高さが見られ、「癒しとぬくもりを与えてくれる」と称賛、社会勉強という点で「日本という国自体に学ぶ価値がある」と力説した。

 具体的には、どのような「細部」が違っているのだろうか。意外なことに記事はビジネスパーフォンのワイシャツの着方に着目している。中国人男性もワイシャツは着るが日本人とは何かが違う。日本人のワイシャツにはシワがないだけではなく、汗ジミ防止や素肌が透けないために「ワイシャツの下にインナーを着用している」ことだという。シャツの発祥の地・ヨーロッパにはない習慣だが、高温多湿の日本ではむしろ人に不快感を与えないためのマナーとなっており、こうした点は「中国にはない、細部までの気配り」なのだという。

 また、同様に他人の気持ちを考慮したマナーとして、「人前でキスをしない」、「人前でガムを食べない」、「エスカレーターでは端に寄る」、「公共の場所では静かにする」、「歩きたばこをしない」など、公共の場所でのマナーも多いと紹介した。これは、他人に迷惑をかけない日本人の気遣いの表れと言っても良いだろう。

 さらに記事は、知り合いや友人との間でのマナーも紹介。他人の家では靴を脱ぐこと、キッチンを勝手にのぞかないこと、取り箸を使うこと、会話では人の話の腰を折らず全員が話に加われるように気を配ること、プライベートな質問は避け、年長者に「年寄り」、「老人」という言葉を使わないことも大切だと強調した。確かに、どれも細かいことではあるが「癒しとぬくもりを与えてくれる」習慣と言えるだろう。逆に言えば、自分のことだけを考えていてはできないことであり、相手の立場に立って考える日本人の良い文化、習慣と言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)