【男女のちがい】後輩とランチに行ったら、おごる? おごらない?

写真拡大

仕事のお昼休憩や出張先でのランチの際、後輩と席を一緒にしていて支払いをどうするか悩んだ経験のある人は多いのではないでしょうか。先輩として支払うべきかもしれないけど出費は痛い……そんなときだってあります。後輩と二人でランチをしたときの支払いをどうするか、男性と女性それぞれに聞いてみました。

Q.後輩と二人でランチに行くとしたら、ランチ代をおごる?

<女性>
・おごる……41.7%
・おごらない……58.3%

<男性>
・おごる……59.5%
・おごらない……40.5%

女性の半数以上が「おごらない」と回答した一方で、男性の場合は「おごる」とした人が半数以上見られました。それぞれの意見を詳しく見て行きましょう。

■女性の意見……おごらない派

・「一回おごると、今後もおごらないといけなくなりそうだから」(33歳女性/その他/事務系専門職)

・「一人におごると、みんなにおごらないといけないから」(35歳女性/その他/営業職)

・「お互い稼いでいるし、毎日のことなのでおごりません」(27歳女性/その他/その他)

・「回数が低いなら出すけど、多いなら最初だけ出して今後は別々にする」(28歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「仕事上の後輩は所詮仕事上なので。おごっても見返りが少ない。『仕事の恩は仕事で返す』がモットーです」(31歳女性/情報・IT/営業職)

新入社員に最初の一回だけは払ってもいいが、給料もそんなに変わらないし毎回払う必要はない、と考える女性は多いよう。また、女性の場合は「仕事」と「おごり」とを切り離して考えている傾向にあるようで、仕事の義理でおごるということもしない場合が多いようです。

■男性の意見……おごる派

・「貫禄を見せるために」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「かっこつけたいので」(31歳男性/金融・証券/販売職・サービス系)

・「何となくおごらないといけないイメージがある。自分もよく先輩におごってもらった」(36歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「相手にケチだと思われたくないから」(35歳男性/建設・土木/技術職)

・「自分のほうが収入が多いと思うので、そして、後輩にもがんばってもらいたいという思いから、おごってやる気につなげてもらえたらと感じています」(25歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性の場合とは逆で、男性の場合は「おごる」ことを「仕事」の延長線上に考えている人は多いようで、後輩の英気を養うためにおごるというケースが多いよう。また先輩としての威厳を見せるため、カッコつけるためにおごるという人も多くいるようです。自分自身も先輩におごってもらったことがあるという経験を語ってくれた人も、男性のほうが多く見られました。

■まとめ

ランチといえど毎回毎回支払っていたのでは出費がかさみますよね。しかし会社や部署によっては、暗黙の了解的に先輩は後輩におごるものというルールがある場合もあるのだとか。社会人としてやっていくには郷に入っては郷に従う必要もありそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数240件。22歳〜38歳の社会人男性・女性)