写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティア(IDCF)は4月25日、中途採用の社員を対象に入社日から1カ月間の特別有給休暇の取得と試用期間満了後に100万円を支給する「フルチャージ入社制度」を、2016年4月からすべての募集職種へ拡大することを発表した。

同制度は、2015年5月1日よりエンジニアやデザイナーなど一部の技術系職種を対象とし、2015年度内の中途採用者に対して期間限定で実施されていたが、求人応募者の増加と中途採用者の実績向上が認められることから、今年度より求人全職種への制度適用および対象期間を設けない通年の導入に至った。

フルチャージ入社制度は入社日から特別有給休暇を付与し、出社日は最大1カ月後とする「特別休暇制度」と、試用期間(特別休暇期間+3ヵ月)満了後に祝い金として100万円を支給する「入社祝い金制度」の採用制度を組み合わせたもので、2016年4月25日以降に正社員として採用が決まった方を対象としている。

対象となる職種は、セールスがビッグデータ分析サービスに関するプリセールスエンジニア、パートナーセールス(東京/大阪)、ダイレクトセールス。また、企画・管理が情報セキュリティ担当、内部監査管理職候補、人事新卒採用担当、開発プロデューサー、プロジェクトマネージャー、法務スタッフ。

さらに、エンジニアがプラットフォームサービス開発エンジニア(福岡)、データ分析系サービス開発エンジニア、プログラマ、インフラエンジニア、フロントエンド/バックエンドエンジニア、サーバ/ネットワーク運用設計エンジニア、設備管理技術者(東京/白河)、情報システム基盤エンジニア、サービスポータル基盤プログラミングエンジニア。そのほか、クリエイターがオンラインセールスのためのWebディレクターとなる。

(辻)