大野智のドラマ『世界一難しい恋』とそっくりな国民的アニメとは
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 大野智さん主演のドラマ『世界一難しい恋』(日テレ系)が話題になっています。初回を観て、「これはいい『ドラえもん』が始まった!」と思いました。

 大野さんの役どころは、一流ホテルの経営者ながら、恋愛一年生の独身男・鮫島零治。彼はライバルホテルの社長・和田英雄(北村一輝さん)の鼻をあかすべく、恋人を作って見せつけてやろうと企みます。

 中途採用した社員・芝山美咲(波瑠さん)に一目惚れした零治は、彼女を射止めようと奮闘するけれど……というお話です。

◆大野智は生まれたての子鹿のよう

 零治の求愛表現が、素っ頓狂すぎて震えます。好きな女性(25歳)の気を引くため、苦手な牛乳を飲んでみせる男性(34歳)とか、そのスキルの幼さはまるで生まれたての子鹿のよう。

 案の定うまくいかないと、「自分は間違っていないのに、なぜ?」と首をかしげ、その度に美しい秘書・村沖(小池栄子さん)に問題点を諭される零治。で、諭されると案外素直に反省する零治。で、アドバイスをもらうと、がんばってみようとする零治。

◆『ドラえもん』に似てる!

 この関係性は何かに似ている――そう、“ドラえもん”と“のび太”のようなのです。

 のび太(零治)の良いところも悪いところもわかった上で、女心の機微を語るドラえもん(村沖秘書)。コンプレックスを抱きながらも、必死で“出来杉くん”(和田社長)に張り合い、しずかちゃん(美咲)にアプローチするのび太。

 大野智さんはドラマ「怪物くん」の主演を務めたこともあり、もともと藤子不二雄作品(※)との親和性は高いのですが、彼自身のキャラ立ちぶりもあいまって、さらにマンガっぽく楽しい雰囲気を醸しています。

 和田社長にからかわれてイラついたり、美咲を見てデレデレしたり、部下に避けられてションボリしたり……すべての表情を顔文字に置き換えられるほどの表現力は、大野さんならでは。そして、ごめんなさい、とても可愛い。

◆大野智と小池栄子のコンビも見応えあり

 もちろん、“ドラえもん”たる小池栄子さんの好演も必見です。零治が的外れなことをする度に、村沖秘書が「そんなことでは女性の心はつかめません!」などと叱ってくれるので、とてもスッキリするのです。

「あ! 言おうと思ってたこと言ってくれた!」という感じ。彼女に同化して零治のケツを叩きながら、男として成長していくさまを見守る。ちょっと“育てゲー”のようにも楽しめます。

 いくつか恋をしてくれば、少しは器用になったり、自分を守るすべも覚えます。でも初めての恋なら、右も左もわからずに、無様なこともありましょう。

 ぎこちなく恋に向き合う零治の姿を見ていると、自分の初恋がふと思い浮かんだりもするのです。ぜひとも彼の恋が実るよう、応援せずにいられません。

 美咲に外国人の元彼がいたことがわかったり、ライバルも彼女を狙っていそうだったりと、零治の恋は前途多難。残念な情報にガックリしつつ、スタイリッシュなスーツ姿と憂い顔の大野さんは、とってもセクシー。

――もぉ! のび太のくせに生意気だゾ!!

【世界一難しい恋】
毎週水曜22時〜、日本テレビ系で放送中。http://www.ntv.co.jp/sekamuzu/

※「ドラえもん」(藤子・F・不二雄氏作)、「怪物くん」(藤子不二雄A氏作)。「世界一〜」は藤子不二雄作品ではありません。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』