ローマ、一転してトッティとの契約を1年延長へ

写真拡大

▽今夏の去就が注目を集めていた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティだが、愛するクラブとの契約延長で落ち着きそうだ。イタリア『カルチョメルカート』の報道を『フットボール・イタリア』が伝えた。

▽今年で40歳を迎えるトッティは、16歳でプロデビューを果たして今日までローマ一筋でプレーしてきた。シーズン終了後にはローマとの契約が満了を迎えるため、クラブ側はディレクターに就任させたい意向を示していた。しかしトッティは現役続行を考慮しており、今夏の去就に注目が集まっていた。

▽『カルチョメルカート』によれば、ローマがトッティに寄ることを決めたようだ。20日に行われたセリエA第34節のトリノ戦では終盤からの出場ながらも2ゴールを奪った同選手のパフォーマンスを認めて、1年間の契約延長をオファーする準備を始めたようだ。

▽なお、『カルチョメルカート』は近日中に新契約が合意に達すると報じている。