画像

写真拡大 (全2枚)

 アクティブコアのマーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」の「レコメンドエンジン」に、マルチデバイスでのレコメンドを可能にする機能が追加された。

 アクティブコアは、同社のマーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud(アクティブコア マーケティングクラウド)」の「レコメンドエンジン」に、新機能「マルチデバイス リマインド機能」を搭載した。

 昨今、利用するタイミングやシーンにあわせて、複数のデバイスを使い分ける人が増えてきた。そのため、ユーザの行動にあわせ、一貫したオファーやより訴求効果の高いレコメンドを表示することが求められており、同社は今回の機能提供に至った。

 同ソリューションでは、これまでもデバイスごとにユーザの閲覧履歴が紐づいていたが、新機能により、スマホやPC、タブレットなど複数のデバイスにまたがる行動履歴をもとにしたレコメンドが提供可能になる。

 具体的には、ユーザが異なるデバイスで閲覧した商品を、ユーザIDに紐づいた閲覧履歴をもとに、各デバイス上でリマインド表示することができる。

MarkeZine編集部[著]