橋梁デザインのイノヴェイション:構造エンジニア、ローラン・ネイ+noiz 特別レクチャー、5/8(日)開催!

写真拡大

橋梁デザインのトップランナーとして活躍するベルギーの構造エンジニア・建築家、ローラン・ネイ。橋の常識を次々と覆してきた彼の来日に合わせて、5月8日(日)に特別レクチャー+noiz豊田啓介とのトークセッションを開催する。デザインとエンジニアリングはいかにして融合できるのか?「橋梁のイノヴェイション」には、すべてのクリエイターが学ぶべきヒントが詰まっている。[チケットは完売いたしました。]

SLIDE SHOW 「橋梁デザインのイノヴェイション:構造エンジニア、ローラン・ネイ+noiz 特別レクチャー、5/8(日)開催!」の写真・リンク付きの記事はこちら
laurent_ney02

2/7Bicycle Bridge ‘t Groentje:オランダ・ナイメーヘンにつくられた、ゆるやかなS字を描く美しい自転車橋。
PHOTOGRAPH BY STIJN BOLLAERT

laurent_ney03

3/7Tintagel Castle Footbridge:英国ティンタジェルの島で、かつては存在したが失われてしまった橋とそれによる人の行き来を再び生むことを目的に建設された。橋は完全につながっておらず、両側から片持ち梁が伸びるつくりとなっている。
IMAGE BY HAYES DAVIDSON, EMILY WHITFIELD-WICKS / NEY & PARTNERS - WILLIAM MATTHEWS ASSOCIATES

|Smedenpoort footbridge - Brugge 2012|Architecture & Structural Engineering : Ney & partners - Bruxelles (BE)

4/7Smedenpoort Footbridges:ベルギー・ブルッヘの歴史的建築物であるスメーデンポートに、新たにつくられた歩道橋。交通の問題を解くと同時に、歴史的景観を損なわないよう最大限の配慮がなされた。
PHOTOGRAPH BY JL DERU

laurent_ney05

5/7Footbridge Esch:ルクセンブルクにあるエッシュ市街中心部とガーデンブルグ公園とをつなぐ歩道橋。
PHOTOGRAPH BY JL DERU

laurent_ney06

6/7三角港キャノピー:熊本県宇城市三角町につくられた、人々を三角駅からフェリー乗り場まで誘導するための通路キャノピー(建築物のひさし)。造船技術を用いてつくられている。
PHOTOGRAPH BY momoko japan

laurent_ney07

7/7出島表門橋:長崎市にある国指定史跡「出島和蘭(オランダ)商館跡」にかかる、現在進行中のプロジェクト。
IMAGE COURTESY OF NEY & PARTNERS

Prev Next

美しさや利用者の目的、文化的・歴史的背景を考える「デザイン」と、構造や耐久性、経済性を考える「エンジニアリング」。すべての建築物にはデザインとエンジニアリングのバランスが求められるが、2つのアプローチを両立させることは難しい。

ローラン・ネイは、そんな対立しがちなデザインとエンジニアリングを融合させることで、美しく、人々に受け入れられ、かつ実現可能な建築のあり方を示してきた人物だ。彼が得意とするのは、公共性が高く、時を経ても失われない社会的な価値がとくに求められる建築物である橋梁のデザイン。これまで行ったプロジェクトは、ヨーロッパを中心に300以上。2012年には日本事務所が設立され、近年はアジアにもその活動の範囲を広げている。

5月8日(日)、来日中のネイによる特別レクチャーをWIRED LAB.にて開催する。意匠と構造、美しさと経済性、地域住民の声とクライアントの条件を、彼はいかにして両立させているのか? 「かたち」を決める前に、その建築物の「コンセプト」や求められる「価値」を市民やクライアントと徹底的に話し合うことで自然と“最適解”をひも解いていくというネイに、自身のアプローチを語ってもらう。

レクチャー後には、ネイのことを「橋梁デザイン界のなかでも特に注目している世界のトップランナー」と呼ぶコンピューテーショナル・アーキテクチャの第一人者、noiz豊田啓介とのトークセッションも開催。会場からの質問に答える時間も設ける。

創造プロセスにおける相反しがちな要素を取り入れ、見事にまとめあげてしまうネイの思考は、建築家やデザイナーにとってはもちろん、表現をする際には常に現実性のバランスをとることが求められる、すべてのクリエイターも参考にできるだろう。世界トップクラスの構造エンジニアのクリエイションの秘訣を直に学べる、またとない機会になるはずだ。

laurent ney

PHOTOGRAPH BY ERIC ADAMS

LAURENT NEY|ローラン・ネイ
構造エンジニア、建築家。1964年フランス・ティオンヴィル生まれ。リエージュ大学土木工学卒業。1989〜1996年、ルネ・グレイシュ構造事務所に勤務。1996年、ネイ&パートナーズをブリュッセルに設立。建築のエンジニア、土木構造物のデザイナー、エンジニアとして欧州を中心に世界各国で多数のプロジェクトを手がける。印象的な造形から、シンプルで透明感のある歩道橋まで、場所ごとに多様な作品は地域住民との対話を通じて生み出される。代表作はクノッケ歩道橋、ナイメーヘンシティブリッジ、スメーデンポート歩道橋など。ney.be橋梁デザインのイノヴェイション

日時:5月8日(日)16:00-18:00
場所WIRED LAB.
東京都港区六本木1-3-40
アークヒルズ カラヤン広場(スペイン坂入口)
参加費・定員
一般:2,000円/20名
学生:1,000円/20名
登壇者:ローラン・ネイ(ネイ&パートナーズ)、豊田啓介(noiz

タイムスケジュール
15:45:開場
16:00:スタート
16:00-17:30:レクチャー|ローラン・ネイ
(逐次通訳:ネイ&パートナーズジャパン 渡邉竜一)
17:30-18:00:トークセッション+Q&A|ローラン・ネイ×豊田啓介
18:00:終了

お申し込み
[4月27日:チケットは完売いたしました。]