夫に恋している妻は○○%

写真拡大

「夫婦になっても相手に恋をしていたい」――そう願ってはいても、月日の流れによって気持ちは自然と移ろいでしまうもの。恋よりも深い“夫婦愛”に変わることもあれば、“嫌悪感”に変わってしまうこともあるかもしれません。では、夫に恋愛感情を抱いている妻たちはどれくらいいるのでしょうか? 全国317名の妻を対象に、インターネット独自調査を実施してみました。

●いつも頭から離れない! 「夫大好き妻」が多数派を占める

最初に、夫に対する心境について聞いてみたところ、次のような結果になりました。

1位 いつもは無いが、たまに「この人で良かったかも」と「恋愛感情」に近い感情を抱く時がある 33.6%

2位 恋愛感情はなく、さらに、時々どうしようもなく嫌悪感を抱く時がある 19.5%

3位 当初よりは薄れたものの、ある程度の「恋愛感情」を抱いている 18.2%

4位 恋人時代や新婚時代と変わらない、あるいはそれ以上の「恋愛感情」を抱いている 17.6%

5位 恋愛感情はないが、嫌悪感も特にない 7.2%

6位 嫌悪感しかない 2.2%

7位 嫌悪感を通り越し「無関心」である 1.6%

ざっくり仕分けると「夫に恋愛感情が“ある”妻」は69.4%、「夫に恋愛感情が“ない”妻」は30.5%ということになります。

具体的にどのような恋愛感情を抱いているのでしょう。聞いてみると、「いつも会いたいと思う」が51.8%、「離れているときは、いつも夫のことを考えてしまう」は46.5%、「仕草や言動にキュンキュンするときがある」は43.9%と、付き合いたてかのようなラブラブモード全開の妻が多数を占めました。なかには、「くっつきたいと思うことがある」(30代)や「毎日ベタベタしたい」(30代)など、甘い生活を送っている妻もいるようです。

●日頃の些細な心掛けで恋愛感情を維持

結婚後も夫に恋し続けることができるとは、何とも羨ましいかぎり。どうしたら、恋愛感情をキープできるのでしょう? 夫への恋愛感情を維持するために心掛けていることを聞いてみると、「『好き』と言葉に出して伝えている」という妻が68.4%と多数でした。ほかにも、次のようなコメントが。

「良いところを伝える、日頃からありがとうを伝える」(30代)、「冗談いいながらもわざと甘える」(40代)「恋愛ドラマ見て、付き合ってた頃の自分たちを思い出す」(30代)

努力とまではいかずとも、いつまでも胸キュン状態をキープできるような工夫を欠かさないようです。こうした心掛けなくして、夫への恋心を保つのは難しいのかもしれません。

●結婚後の夫の変化が恋愛感情を削ぐ

一方で、夫に恋愛感情がない妻たちは、いつから冷めてしまったのでしょう? 結婚後何年頃から気持ちに変化があったのか聞いてみると、トップ3は次のようになりました。

1位 3年〜5年以内 30.9%

2位 2年〜3年以内 18.6%

3位 1年〜2年以内 16.5% 

どうやら3年から5年の間がターニングポイントになってしまったようです。ほかにも、「出産直後から」(20代)、「子どもが成長してから」(40代)など、子どもの存在によって夫婦の関係性に変化が生じたという声も多く寄せられました。

また、恋愛感情を抱かなくなってしまった原因としては、「結婚するまで気づかなかった夫のイヤな一面が見えるようになったから」が50.5%、「夫の態度や性格が横柄になったから」が25.8%、「自分への関心・愛情が薄れていくのを感じたから」が21.6%、「夫の体型やルックスが劣化したから」が8.2%となりました。

なかには、「年々ダラダラしていて、刺激も魅力も感じない」(30代)や「子育てに疲れて話を聞いてほしかったり気持ちを理解してほしかったりするが、なかなか自分の気持ちに寄り添ってもらえないから」(30代)など、夫の不甲斐なさを目の当たりにしてしまい、気持ちが冷めたという妻も。

恋愛は相手あってのこと。自分一人が意識を変えるだけでは、ラブラブな感情を盛り上げることは難しいものです。でも、恋愛感情をキープしている妻のように、日々のコミュニケーションにちょっとした工夫を加えることで“出会った頃のキュンキュンした気持ち”を思い出せるかもしれません。

(構成・文:末吉陽子/やじろべえ)